日本映画のサウンドデザイン―感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック [単行本]

販売休止中です

    • 日本映画のサウンドデザイン―感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
100000009001364047

日本映画のサウンドデザイン―感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
日本全国配達料金無料
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2011/12/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

日本映画のサウンドデザイン―感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    黒澤明監督と今村昌平監督からの信頼を勝ち得た、神の耳を持つ録音技師。映画、そして音の旅。東京新聞と中日新聞の連載58回に大幅加筆。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 大映京都(『羅生門』―屋外でアフレコ
    生家―映像と音に触れた青春 ほか)
    第2章 日活黄金期(混成部隊―時代劇から現代劇
    再び早撮りマキノ―神経研ぐマイクの影 ほか)
    第3章 独立プロ(助手から技師へ―途中降板に監督怒る
    『人類学入門』―隣家の壁穴からカメラ ほか)
    第4章 斜陽の日活(『栄光への5000キロ』―爆走のラリー車で録音
    30度バンクで悲鳴 ほか)
    第5章 一匹狼(『謀殺・下山事件』―毛布で音の緩衝
    『海峡』―「カメラ位置を下げて」 ほか)
    第6章 明日へ(『夢』―黒澤監督と緊張の面談
    「マイクを下ろせ!」に困惑 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    紅谷 愃一(ベニタニ ケンイチ)
    1931年京都市生まれ。大映京都撮影所、日活撮影所を経て、1980年からフリーとなる。主に今村昌平監督作品を手掛け、『黒部の太陽』『楢山節考』『南極物語』などで数々の録音賞を受賞。日本の録音技師の職能団体「日本映画・テレビ録音協会」の代表理事をつとめる

日本映画のサウンドデザイン―感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:紅谷 愃一(著)/小島 一彦(監修)
発行年月日:2011/12/25
ISBN-10:4416111126
ISBN-13:9784416111123
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:演劇・映画
ページ数:206ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 日本映画のサウンドデザイン―感動場面を演出する音声収録と音響処理のテクニック [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!