地方の品格―房日新聞「展望台」からのメッセージ [単行本]
    • 地方の品格―房日新聞「展望台」からのメッセージ [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001367626

地方の品格―房日新聞「展望台」からのメッセージ [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:まどか出版
販売開始日: 2008/12/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

地方の品格―房日新聞「展望台」からのメッセージ [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    本編への序走 品格あるまちづくりへの第一歩
    初めての展望台
    改めて安房郡市「三市一町」の意義
    「ビールづくりは農業だ」という視点
    みんなみの里に見る農家への貢献度合い
    異常気象への備えは今から
    地図に残る仕事を
    がんばれ、農協
    交通事故のない地域実現へ
    小堀学校に見る人づくりの原点〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    古市 一雄(コイチ カズオ)
    昭和20年、千葉県長狭町(現・鴨川市)生まれ。地元の小・中学校、千葉県立安房農業高校(現・安房拓心高校)を卒業後、長狭町役場、鴨川市役所に勤務。主に産業、企画部門を担当し、地域の活性化・国際化、まちづくりの根幹事業に従事する。その間、日本青年海外派遣団(昭和42年)として西アフリカ各国を訪問し、また日本青友会幹事、千葉県PTA連絡協議会幹事、副会長を歴任する。平成17年2月、鴨川市と天津小湊町との合併を機に退職し、同年4月から城西国際大学、後に安房キャンパス観光学部に勤務。平成17年6月より「房日新聞」の客員論説委員として社説「展望台」を週2回担当する。城西国際大学安房キャンパス観光学部非常勤職員。鴨川ロータリークラブ幹事、内閣府認定NPO法人生活情報推進ネットワーク「RING」理事、鴨川学生アパートオーナー会顧問、学校法人城西大学維持協力会終身会員、千葉県認定NPO法人大山千枚田保存会会員、鴨川市農林業体験交流協会「みんなみの里」会員、日本李登輝友の会正会員、日本温泉地域学会会員

地方の品格―房日新聞「展望台」からのメッセージ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:まどか出版
著者名:古市 一雄(著)
発行年月日:2008/12/22
ISBN-10:4944235437
ISBN-13:9784944235438
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:270ページ
縦:20cm
他のまどか出版の書籍を探す

    まどか出版 地方の品格―房日新聞「展望台」からのメッセージ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!