ユダヤは日本に何をしたか―我が愛する子や孫に語り継ぎたい 新版 [単行本]
    • ユダヤは日本に何をしたか―我が愛する子や孫に語り継ぎたい 新版 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月26日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001368671

ユダヤは日本に何をしたか―我が愛する子や孫に語り継ぎたい 新版 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月26日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:成甲書房
販売開始日: 2009/04/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ユダヤは日本に何をしたか―我が愛する子や孫に語り継ぎたい 新版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、ユダヤが計画し、勃発させたものである。英国の元首相のチェンバレンも、「イギリスに戦争を強いたのは、アメリカと世界のユダヤ人とである」と言明していたのである。真の戦争犯罪人はユダヤなのだ。日本潰滅を策した外国諜報組織、祖国をカネで裏切った売国奴、昭和悲惨史を生き証人が明かす。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 フリーメイソンによる数々の対日謀略事件
    第2章 世界支配を狙うフリーメイソンの正体
    第3章 ユダヤが策した日支闘争計画
    第4章 第二次世界大戦の筋書き
    第5章 ユダヤの陰謀に踊らされた日本人たち
    第6章 キリスト教の三次にわたる日本攻略
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡部 悌治(ワタナベ テイジ)
    明治45(1912)年山形県生まれ。東北学院神学部から国学院大学に転学。昭和16(1941)年卒業後、神道大教本局・神道学院に奉職。昭和18(1943)年より、当時ユダヤ研究の最先端機関であった「国際政経学会」監事を務める。敗戦後は公職追放令により職を追われたが、復帰して山形県知事の私的顧問、県出先機関の事務長に。昭和45(1970)年退職後は故郷・酒田市にて隠棲生活を送り、現在は埼玉県狭山市に在住

ユダヤは日本に何をしたか―我が愛する子や孫に語り継ぎたい 新版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:成甲書房
著者名:渡部 悌治(著)
発行年月日:2009/04/30
ISBN-10:4880862444
ISBN-13:9784880862446
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:221ページ
縦:20cm
他の成甲書房の書籍を探す

    成甲書房 ユダヤは日本に何をしたか―我が愛する子や孫に語り継ぎたい 新版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!