フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本]

販売休止中です

    • フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001372224

フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 1999/06/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1917年4月、レーニンはペトログラードのフィンランド駅に立った。ミシュレのヴィーコ発見から百年、この瞬間に向かって構築された「社会変革の思想」とは。第一次世界大戦中の1917年4月、レーニンは亡命先のスイスで「ロシア革命、勃発」の報を受け、「封印列車」に乗って、ペトログラードの「フィンランド駅」まで戻ってきた。そして駅前を埋めた数万の労働者を前に最初の演説をする。それに続く一連のできごとは、20世紀の運命を決した、しかし「フィンランド駅」を一つの頂点とする“革命の伝統”は、いつ、どこで、誰によって、用意されたのか、これが本書のテーマである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ミシュレ、ヴィーコを発見する
    ミシュレと中世
    ミシュレとフランス革命
    歴史を生きるミシュレ
    国民主義と社会主義の狭間に立つミシュレ
    革命の伝統の衰退(ルナン
    テーヌ
    アナトール・フランス)
    社会主義の起源(バブーフの弁明
    サン=シモンのヒエラルキー
    フーリエとオウエンの協同体
    アンファンタンとアメリカの社会主義者たち)〔ほか〕

フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:エドマンド ウィルソン(著)/岡本 正明(訳)
発行年月日:1999/06/25
ISBN-10:4622046784
ISBN-13:9784622046783
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:376ページ
縦:20cm
その他: 原書名: TO THE FINLAND STATION:A Study in the Writing and Acting of History〈Wilson,Edmund〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 フィンランド駅へ―革命の世紀の群像〈上〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!