レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々〈下〉 [単行本]
    • レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々〈下〉 [単行本]

    • ¥3,456208ポイント(6%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001372294

レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々〈下〉 [単行本]

価格:¥3,456(税込)
ポイント:208ポイント(6%還元)(¥208相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:白水社
販売開始日:2011/01/31
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 727176位

レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々〈下〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ペレストロイカが解き放った炭鉱労働者ストが、やがて都市知識層やバルト諸国をはじめとする各地の民族運動と有機的に結びつき、ゴルバチョフを窮地に追い込んでいく歴史のダイナミズム…スターリンを否定し、レーニン―正しい社会主義―に回帰しようとしたゴルバチョフだったが、ペレストロイカが解き放ったエネルギーはレーニン信仰も葬り去ってしまった。ニュー・ジャーナリズムの頂点を示す記念碑的作品。ピュリツァー賞受賞。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第3部 革命の日々(「明日は戦に」
    失われた幻想
    十月革命
    メーデー!メーデー!
    愛情省
    黒い九月
    テレビ塔
    保守強硬派
    市井の人びと)
    第4部 「一度目は悲劇として、二度目は茶番として」
    第5部 裁かれる旧体制
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    レムニック,デイヴィッド(レムニック,デイヴィッド/Remnick,David)
    1958年生まれ。米国のジャーナリスト。『ワシントン・ポスト』のモスクワ特派員を経て、現在は『ニューヨーカー』のスタッフライター。1993年に発表した『レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々』でビュリツァー賞を受賞。妻と二人の息子とともにニューヨーク在住

    三浦 元博(ミウラ モトヒロ)
    1950年、滋賀県生まれ。東京外国語大学卒業後、共同通信社入社。84年‐85年のワルシャワ大学留学を経て、ウィーン、ボン・ロンドンの欧州各地で「東欧」解体と欧州統合を取材。2008年から大妻女子大学社会情報学部教授

レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々〈下〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:白水社
著者名:デイヴィッド レムニック(著)/三浦 元博(訳)
発行年月日:2011/02/10
ISBN-10:4560081085
ISBN-13:9784560081082
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
ページ数:420ページ ※388,32P
縦:20cm
その他: 原書名: LENIN'S TOMB〈Remnick,David〉

    白水社 レーニンの墓―ソ連帝国最期の日々〈下〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!