日本の技術経営に異議あり―現場からの告発 [単行本]

販売休止中です

    • 日本の技術経営に異議あり―現場からの告発 [単行本]

    • ¥2,05262ポイント(3%還元)
100000009001372370

日本の技術経営に異議あり―現場からの告発 [単行本]

価格:¥2,052(税込)
ポイント:62ポイント(3%還元)(¥62相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2009/11/05
ご確認事項:返品不可

日本の技術経営に異議あり―現場からの告発 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ハードウェア指向MOTの限界、無秩序なアウトソーシング、横並び研究開発の悪循環、タコツボ化する技術者…。日本企業が直面する技術経営のリスクを明らかにし、改善策を提示。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    総論 日本型MOTの光と影
    第1部 MOTの「常識」を問い直す(借り物ではない独自のコンセプトを創造する
    ハードウェア指向MOTの限界
    設計思想をアウトソーシングするな)
    第2部 技術と事業の断絶を克服する(技術選択こそ企業成長の要
    中核技術の認識の重要性とむつかしさ
    研究者自身による事業への橋渡し
    横並び研究開発の悪循環)
    第3部 技術者の視野を広げる(技術者よ、タコツボから出でよ
    技術者からマネジャーへのメタモルフォーシス)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊丹 敬之(イタミ ヒロユキ)
    1945年愛知県に生まれる。1967年一橋大学商学部卒業。1972年カーネギー・メロン大学経営大学院博士課程修了。一橋大学大学院商学研究科教授を経て、東京理科大学総合科学技術経営研究科教授、一橋大学名誉教授

日本の技術経営に異議あり―現場からの告発 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:伊丹 敬之(編著)/東京理科大学MOT研究会(編著)
発行年月日:2009/11/02
ISBN-10:4532133769
ISBN-13:9784532133764
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:301ページ
縦:19cm

    日本経済新聞社 日本の技術経営に異議あり―現場からの告発 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!