ハイデガーと倫理学 [単行本]
    • ハイデガーと倫理学 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001377762

ハイデガーと倫理学 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:知泉書館
販売開始日:2007/08/31
ご確認事項:返品不可

ハイデガーと倫理学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書はハイデガーの倫理的思考とはどのようなものかを探求し、そこで得た理解を背景に現代の深刻な倫理的課題を率直に考察した意欲的作品である。自分の存在や置かれた情況を了解し行為することが、実存の意味であり倫理の前提である。外側から客観的に眺めるのではなく、個々の人のあり方や生き方である実存に照準を合わせ、いわば実存しつつ実存について省察することにより、共同存在としての社会における倫理を見据えようとする試みと言える。ハイデガーは倫理を本格的に扱うことはなかったが、「ヒューマニズムについての手紙」(1946年)のなかで彼はエートスという言葉に関するヘラクレイトスの格言を分析し、エートスとは居場所、住む場所を意味し、「親しい居場所とは人間にとって神の現存のための開かれた場である」と読み解いた。後期ハイデガーは「人間の居場所‐住むことを考えること」を「根源的倫理学」と呼んだが、その真意をヘルダーリン論の分析により解明し、さらに『存在と時間』の現存在の実存論的分析論を「非根源的倫理学」と性格づけ、倫理学の可能性を問う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ハイデガーと倫理学という主題
    1 『存在と時間』を中心に(倫理的なものへの手引き
    平均的日常性から非自己本来性へ
    非自己本来性から自己本来性へ
    時間性から歴史性へ
    余滴)
    2 『存在と時間』以後(転換
    根源的倫理学:人間の居場所―住むこと(ヘルダーリン論を中心に)
    詩人的に住むことと日常性
    共同存在再び―和辻哲郎『倫理学』を手引きに(家族・地域・国家など))
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡田 紀子(オカダ ノリコ)
    1939年生まれ。東京都立大学(現首都大学東京)人文科学研究科修士課程修了。1964‐2002年東京都立大学人文学部哲学科勤務。東京都立大学名誉教授
  • 内容紹介

    本書はハイデガーの倫理的思考とはどのようなものかを探求し,そこで得た理解を背景に現代の深刻な倫理的課題を率直に考察した意欲的作品である。
    自分の存在や置かれた情況を了解し行為することが,実存の意味であり倫理の前提である。外側から客観的に眺めるのではなく,個々の人のあり方や生き方である実存に照準を合わせ,いわば実存しつつ実存について省察することにより,共同存在としての社会における倫理を見据えようとする試みと言える。
    ハイデガーは倫理を本格的に扱うことはなかったが,「ヒューマニズムについての手紙」(1946年)のなかで彼はエートスという言葉に関するヘラクレイトスの格言を分析し,エートスとは居場所,住む場所を意味し,「親しい居場所とは人間にとって神の現存のための開かれた場である」と読み解いた。
    後期ハイデガーが「人間の居場所-住むことを考えること」を「根源的倫理学」と呼んだが,その真意をヘルダーリン論の分析により解明し,さらに『存在と時間』の現存在の実存論的分析論を「非根源的倫理学」と性格づけ,倫理学の可能性を問う。

ハイデガーと倫理学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:知泉書館
著者名:岡田 紀子(著)
発行年月日:2007/08/30
ISBN-10:4862850162
ISBN-13:9784862850164
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:295ページ
縦:23cm

    知泉書館 ハイデガーと倫理学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!