熱力学(基礎演習シリーズ) [単行本]
    • 熱力学(基礎演習シリーズ) [単行本]

    • ¥2,640159ポイント(6%還元)
    • お取り寄せ
100000009001379596

熱力学(基礎演習シリーズ) [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:159ポイント(6%還元)(¥159相当)
フォーマット:
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日: 1989/04/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

熱力学(基礎演習シリーズ) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は同著者による教科書である「熱力学」の方針に沿って基礎的な事がらに重点を置いて編んだ演習書である。解答は、考えを進めるときの小さな段階まで省略せずにくわしく書かれている。
  • 目次

    1.温度
     基礎事項
      1.1 熱平衡
      1.2 熱力学第0法則
      1.3 温度
      1.4 温度計
      1.5 状態量
      1.6 温度目盛
      1.7 理想気体
      1.8 絶対温度目盛
      1.9 状態方程式
      1.10 ビリアル展開
      1.11 示量変数と強度変数
      1.12 常磁性体
      1.13 理想常磁性体の状態方程式
      1.14 偏微分係数の関係式
     例題/演習問題/問題解答

    2.熱力学第1法則
     基礎事項
      2.1 内部エネルギー
      2.2 エネルギーの保存
      2.3 熱的作用
      2.4 熱の仕事当量
      2.5 熱力学第1法則
      2.6 準静的過程
      2.7 準静的仕事
      2.8 熱容量
      2.9 理想気体の内部エネルギー
      2.10 ジュール-トムソン効果
     例題/演習問題/問題解答

    3.熱力学第2法則
     基礎事項
      3.1 トムソンの原理
      3.2 クラウジウスの原理
      3.3 熱源
      3.4 サイクル(循環過程)
      3.5 第2種永久機関の不可能性
      3.6 熱機関の効率
      3.7 カルノーのサイクル
      3.8 カルノーの逆サイクル
      3.9 可逆変化と不可逆変化
      3.10 一般の熱機関の効率
      3.11 熱力学的温度
     例題/演習問題/問題解答

    4.エントロピー
     基礎事項
      4.1 クラウジウスの不等式
      4.2 可逆変化に関する定理
      4.3 エントロピー
      4.4 不可逆変化とエントロピー
      4.5 エントロピー増大の原理
      4.6 孤立系の平衡条件
      4.7 熱力学第3法則(ネルンストの定理)
      4.8 エントロピーの基準
      4.9 熱と仕事の違い
      4.10 エントロピーの発生
     例題/演習問題/問題解答

    5.熱力学関数
     基礎事項
      5.1 熱力学恒等式
      5.2 熱力学特性関数(熱力学関数)
      5.3 ルジャンドル変換
      5.4 マクスウェルの関係式
      5.5 最大仕事(定温変化)
      5.6 有効な仕事
      5.7 最大有効仕事(定温定圧変化)
      5.8 エクセルギー
      5.9 粒子数の変化する系
     例題/演習問題/問題解答

    6.平衡条件と熱力学不等式
     基礎事項
      6.1 起こる変化と起こらない変化
      6.2 熱平衡の条件
      6.3 熱力学不等式(1)
      6.4 熱力学不等式(2)
      6.5 熱力学不等式(3)
      6.6 平衡の安定性
      6.7 ル・シャトリエの原理
     例題/演習問題/問題解答

    7.熱平衡と化学平衡
     基礎事項
      7.1 相変化(相転移)
      7.2 相図(状態図)
      7.3 三重点
      7.4 臨界点
      7.5 共存の条件
      7.6 安定な相
      7.7 潜熱
      7.8 体積変化
      7.9 クラペイロン-クラウジウスの式
      7.10 連続相転移
      7.11 多成分系の平衡
      7.12 ギブズの相律
      7.13 混合のエントロピー
      7.14 化学反応の平衡条件
      7.15 気体反応
      7.16 質量作用の法則
     例題/演習問題/問題解答

    8.分子運動と熱力学
     基礎事項
      8.1 気体の分子運動
      8.2 理想気体の圧力
      8.3 エネルギー等分配の法則
      8.4 理想気体の内部エネルギー
      8.5 衝突頻度
      8.6 微視的状態と巨視的状態
      8.7 分子速度の分布
      8.8 マクスウェルの速度分布関数
      8.9 分子運動とエントロピー
      8.10 ボルツマンの原理
      8.11 固体の分子運動
      8.12 固体の熱容量
     例題/演習問題/問題解答
  • 内容紹介

    熱力学をはじめて学ぶ理工系学生用に書かれた同著者による教科書『熱力学』(ISBN 978-4-7853-2035-5)に準じた演習書。難解で抽象的な概念に少しでも迷いそうなところをくわしく懇切丁寧に解説。
  • 著者について

    三宅 哲 (ミヤケ サトル)
    東京工業大学名誉教授、理学博士。1931年 大阪府に生まれる。東京大学理学部卒業、東京大学大学院博士課程修了。東京大学助手、東京工業大学助教授・教授、拓殖大学教授などを歴任。

熱力学(基礎演習シリーズ) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:三宅 哲(著)
発行年月日:1989/04/05
ISBN-10:4785381124
ISBN-13:9784785381127
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:173ページ
縦:21cm
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 熱力学(基礎演習シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!