物の体系―記号の消費 新装版 (叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]
    • 物の体系―記号の消費 新装版 (叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001380077

物の体系―記号の消費 新装版 (叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法政大学出版局
販売開始日:2008/06/17
ご確認事項:返品不可

物の体系―記号の消費 新装版 (叢書・ウニベルシタス) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    A 機能体系または客観的言説(配置の構造
    雰囲気の構造 ほか)
    B 非機能的な体系または主観的言説(周辺の物、古い物
    周辺の体系―収集)
    C メタ機能=非機能の体系―ガジェットとロボット(技術のコノテーション―自動性
    “機能的”優越性 ほか)
    D 物と消費の社会=イデオロギー的体系(モデルとシリーズ
    クレジット ほか)
    結論 “消費”の定義に向かって
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ボードリヤール,ジャン(ボードリヤール,ジャン/Baudrillard,Jean)
    1929年生まれの現代フランスの社会学者。最初の著作『物の体系』(68)において“それ自体で存在する物から記号としての物へ”という視点を記号論の枠内で提起、続く『消費社会の神話と構造』(70)、『記号の経済学批判』(72)では、物を記号として消費する社会の構造、記号としての物の特徴を解明。72年の著作で顔を見せた“象徴交換”の概念を中心としながら、マルクス主義の基礎概念とみなす“生産”概念に批判を加えようとしたのが『生産の鏡』(73)、『象徴交換と死』(75)、などであり、『誘惑について』(79)、『シミュラークルとシミュレーション』(81)以降の著作では、この“象徴交換”、あるいは実在をもたない記号としての“シミュラークル”、“シミュレーション”をキー概念として現代社会・文化を分析している。また、再三来日し、講演やシンポジウムを行なっている。2007年3月死去

    宇波 彰(ウナミ アキラ)
    1933年生まれる。東京大学大学院(哲学)修士課程修了。現在、明治学院大学名誉教授

物の体系―記号の消費 新装版 (叢書・ウニベルシタス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:ジャン ボードリヤール(著)/宇波 彰(訳)
発行年月日:2008/06/25
ISBN-10:4588099108
ISBN-13:9784588099106
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:264ページ
縦:20cm

    法政大学出版局 物の体系―記号の消費 新装版 (叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!