伝統との対決―岡本太郎の宇宙〈3〉(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 伝統との対決―岡本太郎の宇宙〈3〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001381370

伝統との対決―岡本太郎の宇宙〈3〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2011/03/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 332336位

伝統との対決―岡本太郎の宇宙〈3〉(ちくま学芸文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『今日の芸術』に続いて1956年に刊行された『日本の伝統』もたちまちベストセラーとなった。法隆寺壁画焼失のわずか数年後「法隆寺は焼けてけっこう」「自分が法隆寺になればよいのです」と言い放った太郎に対し、巷は賛否の渦で騒然となる。西洋への追従の裏返しとしての「伝統主義」を真っ向から否定し、縄文の美を発見し、雪舟の絵に挑みかかった50年代から60年代、岡本太郎は一画家から完全に脱皮し、独自の思想を背景にもつスケールの大きな芸術家へと変貌を遂げる。本巻ではその軌跡を追い、彼がこの時期集中的に「対決」した「日本の伝統」とは何だったのかに迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    縄文土器論―四次元との対話
    日本の伝統
    雪舟は芸術か
    伝統論争(対談)
    日本再発見―芸術風土記
    伝統と創造
    伝統と現代造形
    伝統とは何か
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡本 太郎(オカモト タロウ)
    1911‐96年。父は漫画家・岡本一平、母は作家・岡本かの子。29年渡仏、抽象芸術、シュルレアリスムの運動に参加。パリ大学で民族学、哲学を学び、バタイユらと活動を共にした。40年に帰国、42年中国戦線に出征。46年に復員後、花田清輝らと「夜の会」を結成し、アヴァンギャルド芸術を推進した。『今日の芸術』『日本の伝統』はベストセラーとなった。70年、大阪万博テーマ館のプロデューサーとして「太陽の塔」を制作。以後、テレビをはじめとするあらゆるメディアを通じて発信と行動をつづけた

伝統との対決―岡本太郎の宇宙〈3〉(ちくま学芸文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:岡本 太郎(著)/山下 裕二(編)/椹木 野衣(編)/平野 暁臣(編)
発行年月日:2011/03/10
ISBN-10:4480093737
ISBN-13:9784480093738
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:芸術総記
ページ数:557ページ
縦:15cm

    筑摩書房 伝統との対決―岡本太郎の宇宙〈3〉(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!