これ、食べたらからだにいいの?―食と健康-「安全」と「安心」のギャップをうめる [単行本]
    • これ、食べたらからだにいいの?―食と健康-「安全」と「安心」のギャップをうめる [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001385395

これ、食べたらからだにいいの?―食と健康-「安全」と「安心」のギャップをうめる [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:コープ出版
販売開始日: 2010/10/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

これ、食べたらからだにいいの?―食と健康-「安全」と「安心」のギャップをうめる の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 飛び交う食と健康の情報(安全性評価実験をすれば許可されない食品がある!
    すべての食品、そして人間の身体も化学物質でできている ほか)
    第2章 食品の安全って何だろう?(発がん性については信頼できる話かどうか確めよう
    ポテトチップスの発がん性は心配するほどではなかった ほか)
    第3章 毎日の食卓は安全か(農薬の安全基準の決め方を知っておこう!
    農薬の使用と環境面の安全性をもう一度見てみましょう ほか)
    第4章 生産・輸入の現場とのつながりは(ワカメとウナギの偽装表示はなぜ起きたか?
    日本の食品衛生管理に対する海外からの評価は高い ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    関澤 純(セキザワ ジュン)
    NPO法人食品保健科学情報交流協議会理事長。1971年、東京大学農学系大学院博士課程修了・農学博士。東京都公害研究所、ニューヨーク州立大学、香料会社研究所、国立医薬品食品衛生研究所、徳島大学総合科学部教授を経て、2009年4月から独立行政法人農研機構・食品総合研究所特別研究員。2003~2009年、内閣府食品安全委員会リスクコミュニケーション専門調査会座長、現環境省中央環境審議会環境保健部会化学物質評価専門委員など

これ、食べたらからだにいいの?―食と健康-「安全」と「安心」のギャップをうめる の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本生活協同組合連合会出版部
著者名:関澤 純(著)
発行年月日:2010/10/29
ISBN-10:4873323045
ISBN-13:9784873323046
判型:B6
発売社名:コープ出版
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:248ページ ※231,17P
縦:19cm
他のコープ出版の書籍を探す

    コープ出版 これ、食べたらからだにいいの?―食と健康-「安全」と「安心」のギャップをうめる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!