プロティノスの認識論―一なるものからの分化・展開 [単行本]
    • プロティノスの認識論―一なるものからの分化・展開 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001385872

プロティノスの認識論―一なるものからの分化・展開 [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:知泉書館
販売開始日:2008/10/04
ご確認事項:返品不可

プロティノスの認識論―一なるものからの分化・展開 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ギリシア哲学最後の学派新プラトン主義は、西洋古代哲学の綜合・完成ともいうべき独自の哲学体系を形成した。その基本的な論理体系を生み出したのがその創始者プロティノス(205‐270)であった。彼の思想形成には一者体験が決定的な役割を果たした。プロティノスはその経験に極めて理論的で独創的な説明を与えたが、本書では認識という観点からプロティノス哲学の解明を試みる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 一者の不可知性と非存在性(万物の始原は多様性を超えている
    一者は無限定、無形相で、存在を超えている ほか)
    第2章 ヌースの作用による叡智界の形成(ヌースにおける無限定性
    “未完のヌース”の教義 ほか)
    第3章 一者からのヌースの発出(問題点
    これまでの解釈 ほか)
    第4章 一なるものからの展開としての認識(真理か臆見か
    ヌースは一者の内から一者を見る ほか)
    第5章 一者との合一と真理認識(合一体験
    “合一体験”の対象化)
    結論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡野 利津子(オカノ リツコ)
    旧姓:中大路。1964年東京生まれ。1991‐92年CNRS(フランス国立科学研究所)UPR76客員研究員、1996年学習院大学大学院人文科学研究科博士課程修了(哲学博士)、日本学術振興会特別研究員(PD)。現在学習院大学非常勤講師

プロティノスの認識論―一なるものからの分化・展開 の商品スペック

商品仕様
出版社名:知泉書館
著者名:岡野 利津子(著)
発行年月日:2008/10/15
ISBN-10:4862850413
ISBN-13:9784862850416
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:211ページ
縦:23cm

    知泉書館 プロティノスの認識論―一なるものからの分化・展開 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!