エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか [単行本]
    • エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか [単行本]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001387798

エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか [単行本]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩崎学術出版社
販売開始日:2012/01/30
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 231182位

エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    カウンセリングとサイコセラピーの効果を生み出す要因とは―。PCAから精神分析やCBTにいたるまで、特定の立場に偏ることなく探究された、心理臨床家、カウンセラーをはじめ対人援助職に広く役立つ好著。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 イントロダクション―研究からの問いかけ
    第2章 カウンセリングおよびサイコセラピーがもたらす結果
    第3章 セラピーにおける立場(orientation)の違いは問題なのだろうか?―サイコセラピーにおける大論争
    第4章 クライアントの要因―治療的変化の核心
    第5章 セラピストの要因―誰が何のために働くのか?
    第6章 セラピー関係の要因―癒すのは関係…だろうか?
    第7章 技法とプラクティスの要因―セラピストがやっていることと、それをどのようにやっているかのどちらが重要か?
    第8章 コンクリュージョン
    補遺―さまざまなセラピーの効力と効果
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    清水 幹夫(シミズ ミキオ)
    1944年東京都に生まれる。1974年青山学院大学大学院文学研究科心理学専攻修了。1975年東京農業大学農学部講師、1985年より助教授。1996年千葉大学教育学部教授、1997年より大学院学校教育学専攻ならびに学校臨床専攻教授兼務。2002年法政大学現代福祉学部教授、大学院人間社会研究科教授。現在、法政大学現代福祉学部臨床心理学科教授、大学院人間社会研究科教授

    末武 康弘(スエタケ ヤスヒロ)
    1959年長崎県に生まれる。1989年筑波大学大学院博士課程教育学研究科満期退学。1989年女子美術大学芸術学部専任講師、1991年より助教授。1992年明治学院大学文学部専任講師、1993年より助教授。1996年法政大学文学部助教授。2001年法政大学現代福祉学部助教授。2002年法政大学大学院人間社会研究科臨床心理学専攻助教授。現在、法政大学現代福祉学部臨床心理学科教授、大学院人間社会研究科教授

    田代 千夏(タシロ チナツ)
    1983年熊本県に生まれる。2005年東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程修了。2011年University of Strathclyde,Faculty of Humanities and Social Sciences,School of Psychological Sciences and Health,Counselling Unit,MSc in Counselling修了。現在、イギリス、グラスゴーにて、ハーブ・自然派アイテムショップ兼代替セラピークリニックのスタッフとして働きながら、ボディワークを学習中

    村里 忠之(ムラサト タダユキ)
    1946年台湾に生まれる。1981年早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程満期退学。2000年学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士後期課程退学。2004年帝京平成大学健康メディカル学部臨床心理学科准教授。現在、宮カウンセリングルーム主催、早稲田大学講師

    高野 嘉之(タカノ ヨシユキ)
    1967年千葉県に生まれる。1998年Union Gospel Missionアルコール・薬物依存症カウンセラー。2001年Douglas College学生カウンセラー。2002年Trinity Western University,MA in Counselling Psychology修了。2002年日本実存療法学会理事。2003年Relationship Violence Treatment Programセラピスト

    福田 玖美(フクダ クミ)
    1977年京都府に生まれる。2001年同志社大学文学部英文学科卒業。現在、臨床心理士として、教育分野にて、スクールカウンセラー、発達支援アドバイザー、コンサルタントとして活動

エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩崎学術出版社
著者名:ミック クーパー(著)/清水 幹夫(監訳)/末武 康弘(監訳)/田代 千夏(訳)/村里 忠之(訳)/高野 嘉之(訳)/福田 玖美(訳)
発行年月日:2012/01/30
ISBN-10:4753310396
ISBN-13:9784753310395
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:308ページ
縦:21cm
その他: 原書名: Essential Research Findings in Counselling and Psychotherapy:The Facts are Friendly〈Cooper,Mick〉

    岩崎学術出版社 エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究―クライアントにとって何が最も役に立つのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!