おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本]
    • おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001387939

おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:栄光出版社
販売開始日: 2000/09/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    91歳の思い残し、語り残し。名旅館「柊家」を訪れた、三島由紀夫、川端康成、林芙美子、チャップリンらが、旅先の宿で見せた素顔と心に残る思い出に、著者の心意気を重ねて綴る珠玉の一冊。お・も・て・な・しのこころが演出する至福のひととき。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 京都の老舗旅館で学んだこと(くつろぎの御宿「柊家」;二十八歳、仲居「八重」の誕生;百倍やって人並み ほか)
    第2章 忘れ得ぬお客さまの面影(徳川家達公―心を掴む気さくさ;永野修身閣下―涙を見せた海軍大将;平沼騏一郎首相―三年目の笑顔 ほか)
    第3章 語り残し、思い残して…いま(三島先生の残されたもの;フロントの若者たち;一人前の板前になりたい ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田口 八重(タグチ ヤエ)
    明治42年(1909)、岐阜県中津川に生まれる。昭和12年(1937)、28歳で柊家の仲居になる。以後、60年にわたる仲居生活で、取締役、仲居頭、女将代理を歴任。昭和36年、運輸大臣賞、昭和44年、接客業に携わる者で、初の黄綬褒章を受賞

おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:栄光出版社
著者名:田口 八重(著)
発行年月日:2019/11/01
ISBN-10:4754100352
ISBN-13:9784754100353
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:177ページ
縦:20cm
他の栄光出版社の書籍を探す

    栄光出版社 おこしやす―京都の老舗旅館「柊家」で仲居六十年 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!