ピストン対位法―分析と実習 [単行本]
    • ピストン対位法―分析と実習 [単行本]

    • ¥7,150215ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001390587

ピストン対位法―分析と実習 [単行本]

価格:¥7,150(税込)
ポイント:215ポイント(3%還元)(¥215相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2009/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ピストン対位法―分析と実習 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    バッハを中心としてコレッリからブラームスまでの器楽様式を対象とした自由対位法を、実作品からの抜粋を多く含む譜例335例を挙げ、明快に記述。旋律、和声はもちろん、リズムの問題にも多くの紙面を割いていることが特色。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    旋律曲線
    旋律リズム
    和声的基盤
    和声リズム
    2声対位法
    動機の構造
    3声対位法
    3声を超える対位法
    転回対位法
    2声のカノン
    その他のカノン
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ピストン,ウォルター(ピストン,ウォルター/Piston,Walter)
    1894~1976年。アメリカの作曲家。ハーヴァード大学卒業後、パリでナディア・ブーランジェ、ポール・デュカスに師事。帰国後はハーヴァード大学で作曲と音楽理論を教え、1951年から正教授。弟子にエリオット・カーターやレナード・バーンスタインなどがいる

    角倉 一朗(スミクラ イチロウ)
    1932年東京生。東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同専攻科修了。桐朋学園大学助教授、東京芸術大学助教授、同教授、神戸女学院大学大学特任教授を歴任。元日本音楽学会会長、元国際音楽学会理事。現在、東京芸術大学名誉教授。バッハ・コレギウム・ジャパン会長
  • 内容紹介

    バッハを中心としてコレッリからブラームスまでの器楽様式を対象とした自由対位法の修得をめざす教科書。実作品から抜粋した譜例を多数掲げ、親しみ深い名作において作曲家たちが実際に書いた対位法技法を理解することができる。各章末に実習課題がついており、大学のテキストや独習者に最適である。

ピストン対位法―分析と実習 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:ウォルター ピストン(著)/角倉 一朗(訳)
発行年月日:2009/02/28
ISBN-10:4276105641
ISBN-13:9784276105645
判型:規大
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:238ページ
縦:27cm
その他: 原書名: COUNTERPOINT〈Piston,Walter〉
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 ピストン対位法―分析と実習 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!