日本語の学校―声に出して読む"言葉の豊かさ"(平凡社新書) [新書]

販売休止中です

    • 日本語の学校―声に出して読む"言葉の豊かさ"(平凡社新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
100000009001397503

日本語の学校―声に出して読む"言葉の豊かさ"(平凡社新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
日本全国配達料金無料
出版社:平凡社
販売開始日:2009/05/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 573341位

日本語の学校―声に出して読む"言葉の豊かさ"(平凡社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “思い”は、文字よりも、声のほうが伝わる。でも、どうすれば―。ドラマや舞台で数々の名作を生み出した演出家が、心に届く“朗読”の指南を通して、日本語や文学を、そして日本人の心をより豊かにする“言葉と声”の世界へと誘う。“演出家の耳”がとらえた日本語の“美しさ”と“可能性”。『坊ちゃん』『天声人語』『父の詑び状』『古川ロッパ昭和日記』『たけくらべ』円谷幸吉の『遺書』…川端康成から藤沢周平、阿刀田高まで、名文の秘密に迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    基礎篇(“間”と“音色”で文章を味わう
    深い“解釈”と“音感覚”で場面を表現する
    効果的な“オノマトペ”と“クライマックス”
    休み時間の練習問題―滑稽句・武玉川で遊ぶ)
    実用篇(泣きどころは、“くり返し”と“丁寧さ”―涙の文章を読む
    言いたいことを伝えるための“コントロール”―主張の文章を読む
    ニュアンスは日本語の“調子”にのって―コントラストを読む―“明・暗”“動・静”
    古典の“調子”をつかむ―文語文を読む)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鴨下 信一(カモシタ シンイチ)
    1935年東京都生まれ。演出家。58年東京大学文学部美学科卒業後、TBSに入社。数多くのドラマ・音楽番組などの演出を手がける。主な作品に『岸辺のアルバム』『ふぞろいの林檎たち』『高校教師』など。舞台に、白石加代子『源氏物語』『百物語』などがある

日本語の学校―声に出して読む"言葉の豊かさ"(平凡社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:鴨下 信一(著)
発行年月日:2009/05/15
ISBN-10:458285463X
ISBN-13:9784582854633
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本語
ページ数:234ページ
縦:18cm

    平凡社 日本語の学校―声に出して読む"言葉の豊かさ"(平凡社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!