コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践(ハーバード・ビジネス・セレクション) [単行本]
    • コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践(ハーバード・ビジネス・セレクション) [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001402667

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践(ハーバード・ビジネス・セレクション) [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2002/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践(ハーバード・ビジネス・セレクション) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 実践コミュニティについて―今なぜ重要なのか
    第2章 実践コミュニティとその構成要素
    第3章 実践コミュニティ育成の七原則
    第4章 発展の初期段階―実践コミュニティの計画と立ち上げ
    第5章 発展の成熟段階―実践コミュニティを成長させ、維持する
    第6章 分散型コミュニティという挑戦
    第7章 実践コミュニティのマイナス面
    第8章 価値創造の評価と管理
    第9章 コミュニティを核とした知識促進活動
    第10章 世界の再構築―組織を超えたコミュニティ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ウェンガー,エティエンヌ(ウェンガー,エティエンヌ/Wenger,Etienne)
    独立コンサルタント。コミュニティ・オブ・プラクティス研究のパイオニアであり、この分野の世界的なリーダーである。彼の研究は理論的なものに留まらず、コンサルタントとしても、実践コミュニティの育成をしたり、学習とコミュニティとの間の相乗作用を活用するナレッジ・システムの開発を実際に推進している

    マクダーモット,リチャード(マクダーモット,リチャード/McDermott,Richard)
    マクダーモット・コンサルティング社代表。20年近くにわたって知識組織の設計に携わってきた。実地のコンサルタントとして、全社的なコミュニティ開発に関する幅広い経験があり、また個人的にも多くの実践コミュニティの立ち上げや維持に手を貸してきた。実践コミュニティ及び知識管理に関する論文は、これまで数々の学術誌に掲載されており、Knowledge Management誌編集委員や講演なども広く行っている。最近では知識共有文化の構築と実践コミュニティに関する2つの国家的ベンチマーク研究のコンテンツ・エキスパートを務めた

    スナイダー,ウィリアム・M.(スナイダー,ウィリアムM./Snyder,William M.)
    20年間近くの間、組織開発の分野でコンサルティングを行い、マッキンゼーでは同社及びクライアントの戦略的ナレッジ推進活動に取り組んできた。現在の研究の主眼は市民セクターに当てられ、市民団体や基金、政府機関などの指揮者に助言を与えている。またゴア元副大統領を長とする「国家政府改革パートナーシップ」では、都市問題(家庭保健、公安、労働力開発など)に焦点を当てたいくつかの実践コミュニティの立ち上げに尽力した

    野村 恭彦(ノムラ タカヒコ)
    慶応義塾大学大学院理工学研究科修了。富士ゼロックスに入社以来、総合研究所にて知識処理、CSCW(Computer Supported Cooperative Work)の研究・開発に従事。その後、コーポレート戦略部にて知識戦略立案、役員補佐などを経て、知識経営のリサーチとコンサルティングを提供するナレッジ・ダイナミクス・イニシアティブ(KDIグループ)の事業立ち上げに参画。知識経営の実現を支援するコンサルティング活動に加え、コミュニティ・オブ・プラクティスと「場」を中心とする知識経営研究を活発に行う。CSCW国際会議、IEEE国際会議、KM Review誌、日本KM学会、人材教育誌など、論文発表多数。情報処理学会論文誌編集委員

    野中 郁次郎(ノナカ イクジロウ)
    早稲田大学政経学部卒。富士電機製造株式会社を経て、カルフォルニア大学(バークレー校)経営大学院でPh.D取得。南山大学・防衛大学・一橋大学イノベーション研究センター・北陸先端科学技術大学院大学教授を経て、現在、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、カリフォルニア大学バークレー校ゼロックス知識学特別名誉教授。知識とは何か、知識は組織の中でいかに創造されるのか、日本型イノベーションの特質とは何かなどについての理論的構築と比較研究を行っている

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践(ハーバード・ビジネス・セレクション) の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:エティエンヌ ウェンガー(著)/リチャード マクダーモット(著)/ウィリアム・M. スナイダー(著)/野村 恭彦(監修)/野中 郁次郎(解説)/桜井 祐子(訳)
発行年月日:2002/12/17
ISBN-10:4798103438
ISBN-13:9784798103433
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:398ページ
縦:20cm
その他: 原書名: Cultivating Communities of Practice〈Wenger,Etienne;McDermott,Richard;Snyder,William M.〉
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践(ハーバード・ビジネス・セレクション) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!