脳科学と倫理と法―神経倫理学入門 [単行本]

販売休止中です

    • 脳科学と倫理と法―神経倫理学入門 [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
100000009001404743

脳科学と倫理と法―神経倫理学入門 [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 2007/07/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

脳科学と倫理と法―神経倫理学入門 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、神経科学の発展が倫理および法の枠組みに及ぼしうる影響について複数分野の専門家を集めて議論した、米国科学振興協会(AAAS)主催の研究会をもとに編まれた。神経倫理学という新しい分野の最初期の議論を跡付ける報告書として、今後の研究に多くの糸口を提供するものである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 問題のありか(脳機能計測と画像化
    脳機能の操作
    法律的諸問題の検討
    将来的方向性)
    第2部 専門論文(二一世紀における自由意思―神経科学と法律に関する一考察
    新しい神経科学、旧知の問題
    予測、訴訟、プライバシー、知的財産―神経科学の発展が法律および社会に与える影響
    神経科学の将来と法)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ガーランド,ブレント(ガーランド,ブレント/Garland,Brent)
    M.S.,J.D.米国科学振興協会(AAAS)の「科学における自由、責任、法律に関する行動計画」(科学、倫理、法律に関係する諸計画の推進および管理を担当する部門)で次席責任者。弁護士でもあり、ヴァージニア州弁護士協会において積極的に活動している。生体臨床医学、生命倫理学、生物工学といった分野を守備範囲とし、科学と法律との交点において生じる問題も多く扱う

    古谷 和仁(フルヤ カズヒト)
    翻訳家。東京大学工学部建築学科卒。東京大学大学院修士課程修了・博士課程単位取得退学

    久村 典子(ヒサムラ ノリコ)
    翻訳家

脳科学と倫理と法―神経倫理学入門 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ブレント ガーランド(編)/古谷 和仁(共訳)/久村 典子(共訳)
発行年月日:2007/07/19
ISBN-10:4622073153
ISBN-13:9784622073154
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:生物学
ページ数:239ページ ※234,5P
縦:22cm
その他: 原書名: NEUROSCIENCE AND THE LAW:Brain,Mind and the Scales of Justice〈Garland,Brent;Gazzaniga,Michael S.;Steven,Megan S.;Morse,Stephen;Greely,Henry;Tancredi,Laurence;Frankel,Mark S.〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 脳科学と倫理と法―神経倫理学入門 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!