本当はヤバくない日本経済―破綻を望む面妖な人々 [単行本]
    • 本当はヤバくない日本経済―破綻を望む面妖な人々 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001406165

本当はヤバくない日本経済―破綻を望む面妖な人々 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2009/04/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

本当はヤバくない日本経済―破綻を望む面妖な人々 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    円安が国を破綻させる、輸出産業だけを優遇しても、国は栄えない、じつは内需が大きく、外需依存が小さな日本などなど、「日本経済破綻」論のデタラメが今、暴かれる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 間違いだらけの「日本経済破綻論」
    第1章 円高脅威論の嘘(「日本は外需依存国家」の嘘;実質実効為替レート;問題は円高ではなく、需要縮小;為替介入と外貨準備高の本当の意味;日本のIMF支援の意味;大切なのは、為替対策ではまく雇用対策)
    第2章 オバマ・ショック(質への逃避;ブラディ・チューズデイ;苦悩するFRB;プリンティング・マネー;ヘリコプター・ベン;ニクソン・ショック;オバマ・ディール政策のお金は誰が出すのか;オバマ・ショック)
    第3章 円高最強国家への道(SWOT分析;内需依存の成長戦略への転換;円高を活かす戦略への転換;持たざる者の強み;世界で最も安全な国で、犯罪件数が減少している現実;技術こそ、我らが全て;日本政府は国債を発行せよ)
    最終章 鍵を持つ者
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    三橋 貴明(ミツハシ タカアキ)
    1994年、東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒。外資系IT企業をはじめNEC、日本IBMなどに勤務後、2004年、中小企業診断士の国家資格を取得。07年ごろ、インターネット掲示板「2ちゃんねる」上での韓国経済に対する分析、予測が反響を呼ぶ。掲示板内で書籍化の計画が発案され、その経緯もネット上で報告される珍しいプロセスを経て、同年6月『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)を刊行。企業の財務分析で培った解析力をマクロ経済に応用し、経済指標など豊富なデータをもとに国家経済を多面的に分析する「国家モデル論」が注目される

本当はヤバくない日本経済―破綻を望む面妖な人々 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:三橋 貴明(著)
発行年月日:2009/04/25
ISBN-10:4344016661
ISBN-13:9784344016668
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:239ページ
縦:19cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 本当はヤバくない日本経済―破綻を望む面妖な人々 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!