漱石という生き方 [単行本]
    • 漱石という生き方 [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001408526

漱石という生き方 [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:トランスビュー
販売開始日:2006/05/05
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 763558位

漱石という生き方 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ただ作品に寄り添ってその声を聞き取ろうとするとき、心臓を割って血潮を浴びせかけるように書いた漱石の、必死の姿が立ち上がる。最も多くの自筆原稿に触れ、画期的な『漱石全集』を編纂した著者が、全作品はもとより、書簡・日記・談話などに残されたわずかな痕跡の意味を掘り起こし、漱石が考えたこと、表現しようとしたことの本質に迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

     声を聞く
    小さな疑問
    生きることの淋しさ
    なぜ自殺したのか
    学究生活
    「生きる」から「死ぬ」へ
    「書く」ことの意味
    両棲動物
    言葉をめぐる二つの態度
    「ゼネラル」と「スペシアル」
    心事
    断って異常
    過去を語る
    「心」と「こゝろ」
    小手試し
    京での再発
    呼称について
    話者の位置
    親身に
    まとまらないということ
    不人情
    夫婦の視点
    一時期の英詩
    女の技巧
    手腕の有無
    非を改める
    「反対の方面」
    金の力
    教育論
    血を枯らしに行く道
    心内の声
    ハンナとグレイス
    船上にて
    余の意思以上の意思
    「変わる」前後
    存在の違和
    すべてを行李の底に
    獣の声
    片付かないということ
    生きる
    余滴
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    秋山 豊(アキヤマ ユタカ)
    1944年生まれ。1968年東京工業大学卒業。同大学付属工業材料研究所助手を経て、1972年岩波書店に入社。主に理系の単行本・講座・辞典の編集に従事。のち全集編集部に移り、1993年に刊行が開始された『漱石全集』の編集に携わる。2004年同社を停年退職

漱石という生き方 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:トランスビュー
著者名:秋山 豊(著)
発行年月日:2006/05/05
ISBN-10:4901510398
ISBN-13:9784901510394
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:361ページ
縦:20cm

    トランスビュー 漱石という生き方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!