酸性雨―誰が森林を傷めているのか?(シリーズ・地球と人間の環境を考える〈03〉) [全集叢書]

販売休止中です

    • 酸性雨―誰が森林を傷めているのか?(シリーズ・地球と人間の環境を考える〈03〉) [全集叢書]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
100000009001411999

酸性雨―誰が森林を傷めているのか?(シリーズ・地球と人間の環境を考える〈03〉) [全集叢書]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本評論社
販売開始日: 2003/02/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

酸性雨―誰が森林を傷めているのか?(シリーズ・地球と人間の環境を考える〈03〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    わかってきた森林枯死の新事実。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 酸性雨とは?
    2章 酸性雨の生成
    3章 酸性雨の影響
    4章 森林衰退と大気汚染・酸性雨
    5章 酸性雨の原因物質がアジア大陸から?
    6章 東アジア地域の酸性雨対策はどうなっているか
    7章 途上国の酸性雨原因物質を減らす技術
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    畠山 史郎(ハタケヤマ シロウ)
    独立行政法人国立環境研究所(環境研)大気圏環境研究領域大気反応研究室長。1951年、東京都生まれ。専門は、大気化学。大学、大学院では有機化学を専攻したが、環境研では大気反応の研究、大気汚染物質の航空機観測などに従事。現在は、アジア大陸から輸送される大気汚染物質の観測や、関東周辺の山岳地域における森林衰退の問題などの解明に力を入れている

酸性雨―誰が森林を傷めているのか?(シリーズ・地球と人間の環境を考える〈03〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本評論社
著者名:畠山 史郎(著)
発行年月日:2003/02/20
ISBN-10:4535048231
ISBN-13:9784535048232
判型:B6
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:自然科学総記
ページ数:213ページ ※209,4P
縦:19cm
他の日本評論社の書籍を探す

    日本評論社 酸性雨―誰が森林を傷めているのか?(シリーズ・地球と人間の環境を考える〈03〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!