タゴガエル鳴く森に出かけよう!―トモミチ先生のフィールドノート(ThinkMap〈005〉) [単行本]

販売休止中です

    • タゴガエル鳴く森に出かけよう!―トモミチ先生のフィールドノート(ThinkMap〈005〉) [単行本]

    • ¥1,73853ポイント(3%還元)
100000009001412209

タゴガエル鳴く森に出かけよう!―トモミチ先生のフィールドノート(ThinkMap〈005〉) [単行本]

価格:¥1,738(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:技術評論社
販売開始日: 2010/05/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

タゴガエル鳴く森に出かけよう!―トモミチ先生のフィールドノート(ThinkMap〈005〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    イモリがパタッと消える謎から、人が電車で不機嫌になるわけまで。生き物の不思議と癖を今日も野外探索中。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    春(ビーチ・リーディングのすすめ―人類は海辺で進化した?
    春の大学林でミロに会う―クマとシカ(?)にも会ったのだ)
    夏(森に行こう。タゴガエルの声が響く森に
    虫取って!虫大嫌い!―子どもたちに翻弄される学生たちの冒険)
    秋(バーモント州、サンショウウオの棲む森へ―ピーターという人物がいたのだ
    トモミチ先生、電車とタクシーに乗る―“ホモ・サピエンス”と“空間”と“ただ乗り”と)
    冬(冬の河川敷にアカハライモリの冬眠場所を探して―三年目にやっと見つけた秘密
    大晦日の駅前のイベントに行こう―「地域の中心駅=部族の集会場」という仮説)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 朋道(コバヤシ トモミチ)
    1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。専門は動物行動学、人間比較行動学

タゴガエル鳴く森に出かけよう!―トモミチ先生のフィールドノート(ThinkMap〈005〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:小林 朋道(著)
発行年月日:2010/06/25
ISBN-10:4774142611
ISBN-13:9784774142616
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
ページ数:189ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 タゴガエル鳴く森に出かけよう!―トモミチ先生のフィールドノート(ThinkMap〈005〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!