パチンコに日本人は20年で540兆円使った(幻冬舎新書) [新書]
    • パチンコに日本人は20年で540兆円使った(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001413922

パチンコに日本人は20年で540兆円使った(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2012/02/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

パチンコに日本人は20年で540兆円使った(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    20年で540兆円―日本人が「失われた20年」でパチンコに費やしたカネは、2011年度の国家予算(92兆円)の約6倍、名目GDP(479兆円)を凌駕する。問題はカネだけではない。多くの人々の労働・消費意欲を奪い、また精神疾患であるパチンコ依存症者の数は450万を超える。ものの30分で1万円以上を失うパチンコが、カネと人間性を奪ってきた。なぜ韓国にはできた「パチンコ全廃」が日本ではできないのか。依存症の実態とそれを誘発するメーカー、蜜に群がる利権政治家、警察、マスコミの現状を徹底糾弾。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 パチンコで堕ちゆく日本(「失われた20年」で540兆円が消えた
    なぜ私はかくもパチンコの廃止を訴えるのか ほか)
    第2章 パチンコ依存症はれっきとした病気である(ギャンブル依存症はWHOも認める精神疾患
    人は孤独からパチンコを始める ほか)
    第3章 パチンコ依存症を生み出す社会構造(依存症を誘発する5つの要素
    テレビ、映画で禁じられるサブリミナル効果がパチンコの特許に ほか)
    第4章 パチンコと闘う人々(パチンコ店主から依存症者支援団体へ
    辛そうな客を見たくない ほか)
    第5章 パチンコはマスコミ最大のタブーである(なぜマスコミはパチンコの実態を伝え、批判しないのか
    問題は「パチンコが好きか、嫌いか」ではない ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    若宮 健(ワカミヤ ケン)
    ジャーナリスト。1940年秋田県生まれ。トヨタ自動車に十九年間勤務。営業マン十三年の実績から、トヨタ本社より新車千台販売の表彰を受ける。独立後、自動車販売会社、損保代理店の経営、タクシードライバーなどを経て、現在、執筆、講演活動をおこなう

パチンコに日本人は20年で540兆円使った(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:若宮 健(著)
発行年月日:2012/02/29
ISBN-10:4344982533
ISBN-13:9784344982536
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:202ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 パチンコに日本人は20年で540兆円使った(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!