北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈074〉) [単行本]
    • 北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈074〉) [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001419207

北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈074〉) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日: 2010/11/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈074〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    北海道の空の玄関口、新千歳空港にほど近い石狩低地帯南部の落葉広葉樹林のなか、直径数十メートルにおよぶ巨大な竪穴を掘り、その排土を周囲に盛って環状の土手でかこんだ縄文後期の墓地がいまも地上に姿をとどめている。この大土木工事から北の縄文社会をさぐる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 キウス周堤墓とは(国道脇の不思議な土手
    国内最大級の縄文の墓)
    第2章 キウス周堤墓の“発見”(アイヌのチャシ説
    縄文時代のものとの認識へ ほか)
    第3章 周堤墓への道(北東北の環状列石
    北海道の環状列石 ほか)
    第4章 周堤墓をつくった集落(キウス川のほとりにて
    周堤墓をもつ集落の誕生 ほか)
    第5章 周堤墓の終焉(積石墓・墳丘墓の出現
    朱塗りの櫛の土壙墓 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大谷 敏三(オオタニ トシゾウ)
    1949年、北海道生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。千歳市教育委員会、千歳市勤務を経て、2010年3月退職。元千歳市埋蔵文化財センター長

北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈074〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:大谷 敏三(著)
発行年月日:2010/12/01
ISBN-10:4787710443
ISBN-13:9784787710444
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:93ページ
縦:21cm
他の新泉社の書籍を探す

    新泉社 北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈074〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!