救済の星 [単行本]
    • 救済の星 [単行本]

    • ¥10,780324ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年6月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001420436

救済の星 [単行本]

価格:¥10,780(税込)
ポイント:324ポイント(3%還元)(¥324相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年6月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2009/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

救済の星 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「“すべて”についての認識はすべて死から、死の恐怖から始まる」。第一次大戦後、西欧近代への絶望とその根底的な批判から「常識の思考」へと立ち戻り、対話的実存のあり方を考察した世紀の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1巻 要素、あるいは永続的な前世界(“すべて”を認識する可能性について
    神とその存在、あるいはメタ自然学
    世界とその意味、あるいはメタ論理学 ほか)
    第2巻 軌道、あるいはつねに更新される世界(奇跡を体験する可能性について
    創造、あるいは事物の永続的な根拠
    啓示、あるいはつねに更新される魂の誕生 ほか)
    第3巻 形態、あるいは永遠の超世界(御国を祈りによって手に入れる可能性について
    火、あるいは永遠の生
    光線、あるいは永遠の道 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ローゼンツヴァイク,フランツ(ローゼンツヴァイク,フランツ/Rosenzweig,Franz)
    1886年12月25日、ドイツ(カッセル)の裕福なユダヤ人家庭に生まれる。フリードリヒ・マイネッケのもとでヘーゲルの政治哲学と歴史理論にかんするすぐれた論文を書き(のちに『ヘーゲルと国家』1921として出版)、研究者としての未来を嘱望された。しかし、やがて西洋哲学に疑問を抱くようになり、みずからのルーツであるユダヤ教の意義を再発見する。第一次大戦末期の1918年に、兵士として派遣されていたバルカン戦線の塹壕のなかで突然霊感を受け、主著『救済の星』(1921)を執筆。1920年10月には、ユダヤ人の成人教育の機関である「自由ユダヤ学舎」を開校する。1921年には筋萎縮側索硬化症という難病に冒されるが、マルティン・ブーバーと旧約聖書の新しいドイツ語訳に着手する。1929年12月10日、死去

    村岡 晋一(ムラオカ シンイチ)
    1952年生まれ。中央大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科後期課程中退。現在、中央大学理工学部教授。専門はドイツ観念論、ドイツ・ユダヤ思想

    細見 和之(ホソミ カズユキ)
    1962年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。現在、大阪府立大学人間社会学部教授。博士(人間科学、大阪大学)。ドイツ思想専攻、詩人

    小須田 健(コスダ ケン)
    1964年生まれ。1995年中央大学大学院文学研究科哲学専攻(博士後期課程)単位取得退学。現在、中央大学、清泉女子大学、東京情報大学ほか非常勤講師

救済の星 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:フランツ ローゼンツヴァイク(著)/村岡 晋一(共訳)/細見 和之(共訳)/小須田 健(共訳)
発行年月日:2009/04/20
ISBN-10:4622074591
ISBN-13:9784622074595
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:710ページ ※695,15P
縦:22cm
その他: 原書名: DER STERN DER ERL¨OSUNG〈Rosenzweig,Franz〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 救済の星 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!