魔女と魔女裁判―集団妄想の歴史(りぶらりあ選書) [全集叢書]
    • 魔女と魔女裁判―集団妄想の歴史(りぶらりあ選書) [全集叢書]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001420530

魔女と魔女裁判―集団妄想の歴史(りぶらりあ選書) [全集叢書]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法政大学出版局
販売開始日:2008/05/20
ご確認事項:返品不可

魔女と魔女裁判―集団妄想の歴史(りぶらりあ選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    魔女裁判の歴史、それは17世紀を頂点としてヨーロッパ中世を荒れ狂った狂気の歴史であり、人間精神の暗黒部分であった。著者は、この異常で怖るべき集団妄想の実態を徹底した文献渉猟によって描き出すとともに、これとの精神的格闘の足跡を概観、魔女迫害の思想史的・宗教史的意味を究明する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    皇帝の諮問
    宮廷の魔術師
    同時代の人ファウスト
    魔術王のファンたち
    魔術師の弟子ども
    新種の魔術師、魔女
    異端裁判より魔女裁判へ
    「魔女に与える鉄槌」
    魔女の弁護士アグリッパ
    魔力を持たぬ魔女たち〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    バッシュビッツ,クルト(バッシュビッツ,クルト/Baschwitz,Kurt)
    1886‐1968。ドイツのオッフェンブルクに生まれる。ハイデルベルク、ベルリン、ミュンヘンの大学で学業を修め、1918年国民経済学の学位を受ける。数社の新聞編集員を経て、ハイデルベルク大学教授に招聘されるが、ヒトラーに追われてオランダに亡命。1952年アムステルダム大学の新聞学と集団心理学の正教授となる。綿密な文献調査と集団心理学を基盤とした「魔女」に関する著書や研究論文がある

    川端 豊彦(カワバタ トヨヒコ)
    1909年生まれ。東京大学文学部卒業。千葉大学教授をつとめる。民俗学専攻

    坂井 洲二(サカイ シュウジ)
    1930年生まれ。京都大学大学院文学部修士課程修了。1969‐70年、チュービンゲン大学民俗学科に客員として留学。1973‐98年、関西医科大学教授。ドイツ民俗学専攻

魔女と魔女裁判―集団妄想の歴史(りぶらりあ選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:クルト バッシュビッツ(著)/川端 豊彦(訳)/坂井 洲二(訳)
発行年月日:2008/05/20
ISBN-10:4588020269
ISBN-13:9784588020261
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:心理学
ページ数:504ページ
縦:20cm
その他:第14刷 原書名: HEXEN UND HEXENPROZESSE〈Baschwitz,Kurt〉

    法政大学出版局 魔女と魔女裁判―集団妄想の歴史(りぶらりあ選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!