印象派 こんな見かたがあったのか―マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ(大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈4〉) [単行本]

販売休止中です

    • 印象派 こんな見かたがあったのか―マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ(大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈4〉) [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
100000009001421077

印象派 こんな見かたがあったのか―マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ(大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈4〉) [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
日本全国配達料金無料
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2011/04/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

印象派 こんな見かたがあったのか―マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ(大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈4〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    絵の数だけ人の数だけ秘密がある。見かたがある。美術館めぐりのおともに「画家のこの一枚が見られる美術館リスト」つき。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    人間として後輩から尊敬されたが画家としては憧れられなかった?コロー
    農民、労働を尊いものとして画きつづけたミレー
    投獄されても風刺をつづけたドーミエと二十八歳で戦死した色彩の天才バジール
    自分の眼で見たものしか画かなかったリアリズムのクールベ
    「印象派」のみならず現代絵画の父でもある天才マネ
    一生「光」を追いつづけ、現代絵画への扉を開いた、印象派の先導者モネ
    後に印象派とは訣別するが美しい、楽しい絵を画きつづけたルノワール
    常に新しいスタイルを追ったピサロが最後に到達したところは―
    画風は全く印象派ではなかったが史上最高の画家の一人だったドガ
    死のその日まで貧困にあえいだシスレーの絵はなぜか明るい!
    たった五年と短命だったが二十世紀にまで影響を残したラファエロ前派
    象徴主義絵画の先駆者モローとシャヴァンヌは対照的画風だった
    不幸な少年の心は閉ざされたが妻が一気に開花させた色彩のルドン生まれと死に場所が全く逆な象徴主義画家、セガンティーニとベックリン
    これまで登場しなかった国々 ロシア、アメリカなどの画家達
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大橋 巨泉(オオハシ キョセン)
    本名・大橋克巳。早稲田大学政治経済学部新聞学科中退。ジャズ評論家、テレビ構成作家を経て、テレビタレントに転身。『11PM』、『クイズダービー』、『世界まるごとHOWマッチ』などヒット番組を数多く手がけた。1990年、セミリタイアを宣言し、日本、カナダ、ニュージーランドなどに家を持ち、季節ごとに住み分ける「ひまわり生活」を送る

印象派 こんな見かたがあったのか―マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ(大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈4〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:大橋 巨泉(著)
発行年月日:2011/04/14
ISBN-10:4478015724
ISBN-13:9784478015728
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
ページ数:246ページ ※213,33P
縦:20cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 印象派 こんな見かたがあったのか―マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ(大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈4〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!