愛する日本の孫たちへ―かつて日本人だった台湾日本語族の証言集〈1〉 [単行本]

販売休止中です

    • 愛する日本の孫たちへ―かつて日本人だった台湾日本語族の証言集〈1〉 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009001421429

愛する日本の孫たちへ―かつて日本人だった台湾日本語族の証言集〈1〉 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:桜の花出版
販売開始日: 2007/04/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

愛する日本の孫たちへ―かつて日本人だった台湾日本語族の証言集〈1〉 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    やっかいな隣国、韓国に対して、もう一つの隣国、台湾は日本にどんな感情をもっているのでしょう?韓国と同じ条件で日本統治時代を過ごし、韓国人同様かつて日本人であった台湾のおじいちゃん・おばあちゃんたちは日本の過去の行いに対して、肯定的な意見がほとんど。そこにこそ、歴史の真実があると思えてきました。アジアの将来を憂い、日本人を叱咤激励して下さる、台湾日本語族11人の証言集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 ABS樹脂製造で世界一の企業「奇美実業」創業者・許文龍さん―植民地統治は悪いこと?そうとは言い切れません
    2 元少年工の交流会「台湾高座会」の斗六区会会長・黄茂己さん―寒かった、ひもじかった。少年工の思い出
    3 半導体デザイン会社「偉詮電子股〓(ぶん)有限公司」会長・蔡焜燦さん―日本人よ、日本を愛しなさい
    4 日本語を愛する台湾人の会「友愛会」名誉会長・陳絢暉さん―「『貴様』の名前は知っていました」誤訳が引き起こした騒動
    5 日本海軍出身の台湾人の会「台湾日本海交協会」理事長・葉子成さん―自分の国のために戦って死んだ人たちを敬って何が悪い?
    6 『台湾のいもっ子』著者・蔡徳本さん―日本人が知らない、日本が去ったあとの暗黒の台湾
    7 グアテマラ共和国にてコーヒー農園経営・郭振純さん―厳しい拷問の末、二十八歳から五十歳までを監獄で過ごす
    8 「友愛会」会員・劉心心さん―台湾語、日本語、中国語、英語。色々な言葉を話せるけれど
    9 「台湾退役軍人及び遺族協会」理事長・許昭榮さん―元日本兵の台湾人のその後、皆さんは知っていますか
    10 翻訳や通訳、貿易仲介などを手がける「総合服務中心」代表・鍾紹雄さん―日本人よ、泰平の眠りから目を覚ませ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    猪股 るー(イノマタ ルー)
    1971(昭和46)年、東京生まれ。フリーランスライター。日本語教授法を学び、日本語教師の経験も。1999(平成11)年より韓国の西江大学韓国語教育院にて韓国語を学ぶ。韓国での体験がきっかけで日本の植民地時代に興味を持つ。2004(平成16)年より、日本統治時代を知る台湾の人々を対象とした取材を開始

愛する日本の孫たちへ―かつて日本人だった台湾日本語族の証言集〈1〉 の商品スペック

商品仕様
出版社名:桜の花出版
著者名:猪股 るー(著)
発行年月日:2007/04/21
ISBN-10:4434103776
ISBN-13:9784434103773
判型:A5
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:235ページ
縦:21cm
他の桜の花出版の書籍を探す

    桜の花出版 愛する日本の孫たちへ―かつて日本人だった台湾日本語族の証言集〈1〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!