あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック]

販売休止中です

    • あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック]

    • ¥53417ポイント(3%還元)
あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001423033

あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック]

価格:¥534(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 1997/09/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック] の 商品概要

  • 内容紹介

    時は戦国末期。泰平の世を築くための捨て石として十人の子供が、刺客として

    ▼第1話/故郷へ…!!▼第2話/傷ついた獅子▼第3話/爺と宗矩▼第4話/ひとり▼第5話/小野派一刀流▼第6話/勘兵衛との再会▼第7話/鷹狩り一夜▼第8話/下見 ●登場人物/あずみ(爺の手によって、物心つかぬうちから他の仲間達と共に純粋培養された精鋭の刺客)、爺(じじ。本名を小幡月斎といい徳川方の老剣客) ●あらすじ/柳生宗矩一派の手から爺を救い出すことに成功したあずみ。なんとか危機を脱した二人は、武蔵国・川越にある喜多院を目指していた。この喜多院という寺は、徳川家康のブレーンである天海が住職を務めたこともある名刹。しかも、この寺のある川越からは爺の故郷も近く、柳生宗矩一派から命を狙われているあずみと爺が身を隠すには絶好の場所なのだ。その喜多院へと向かう道すがら、爺はあずみに「二人で静かに暮らしてゆこう…」と語る。あずみは、爺の言葉に違和感を感じつつも、これからの暮らしに期待を抱いていた。そんな爺とあずみが、ある橋を渡っているところに突然、柳生宗矩一派の追手が現われる。その瞬間、爺はあずみに「おまえは どこまでも 生きて 生き抜け!!」と言うや川に投げ込むのだった!!…… ●本巻の特徴/柳生宗矩一派の手により、ついに爺も壮絶なる最後を遂げた。天涯孤独の身となったあずみ。だが、その行く手にはさらに苛酷な運命が待ち受けているのだった。 ●その他の登場キャラクター/丈二郎、晋介(“柳生新陰流”の剣士)(第1話)、上月数馬(あずみの動向を探っている剣士)(第1話)、柳生宗矩(“柳生新陰流”の創始者・石舟斎の五男。徳川将軍家の剣法指南役)(第1話)、高垣陣一郎(“柳生新陰流”の剣士)(第2話)、飛猿(豊臣方の忍び)(第5話)、小野忠明(小野派一刀流の祖。柳生新陰流に激しい対抗意識を抱いている)(第5話)、貢喬介・松井凛太郎(小野派一刀流の竜虎と言われる、小野忠明の高弟)(第5話)、小兵太(戦死した父親が忠明の旧友だった縁で、小野忠明の道場で学んでいる小剣士)(第6話)、高木勘助(本名・井上勘兵衛。元・黒田清正の家臣)(第6話)、徳川家康(第7話) ●その他のデータ/喜多院(かつて天海が住職をしていた武蔵国・川越の寺)(第1話)

    図書館選書
    権力者たちが平和の大義の元に、最後の戦乱へと突き進んでいった時代!! 修羅に生きる殺戮集団として、純粋培養された少女たちがいた!!

あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:小山 ゆう(著)
発行年月日:1997/09
ISBN-10:4091835481
ISBN-13:9784091835482
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:196ページ
縦:18cm
その他:ひとり
他の小学館の書籍を探す

    小学館 あずみ 8(ビッグコミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!