塔の仏堂の旅―寺院建築から歴史を読む(朝日選書) [全集叢書]
    • 塔の仏堂の旅―寺院建築から歴史を読む(朝日選書) [全集叢書]

    • ¥1,40443ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月24日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001423840

塔の仏堂の旅―寺院建築から歴史を読む(朝日選書) [全集叢書]

価格:¥1,404(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月24日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:朝日新聞社
販売開始日:2005/03/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 520478位

塔の仏堂の旅―寺院建築から歴史を読む(朝日選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    奈良や京都には、どうして何百年以上も前に建てられた古建築が今も健在で残っているのだろうか。誰もが一度は抱く素朴な疑問を解決するために、日本建築を正しく把握する方法を身につけよう。そのうえで、今も多くの人びとを引きつける寺院建築が、歴史の流れの中でどのような役割を果たしたのか、どのような意味をもったのか、を考えてみよう。古代や中世の寺院建築はどのように使われたのか、どんな人がそこで活動していたのか。そんな生きた建物の歴史を読み解くことこそ、汲めども尽きぬ古建築の魅力なのだ。私たちの身の回りにある歴史的建造物を手がかりにして、いままで見えなかった歴史の一面が見えてくるなら、こんな楽しいことはない。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 仏堂の空間と儀式―古代から近世への変遷(唐招提寺―古代仏堂の空間と中世的変容
    当麻寺―伝説の地に建つ中世仏堂
    照蓮寺―住宅風の空間をもつ真宗寺院)
    2 塔―形・意味・技術(醍醐寺―伝統の五重塔 新来の曼荼羅
    根来寺―唯一現存する中世の大塔
    浄瑠璃寺―浄土庭園に立つ優美な三重塔)
    3 中世瀬戸内の寺と社会(浄土寺―尾道水道に臨む中世寺院
    明王院―折衷様建築の最高傑作
    讃岐国分寺―古代寺院の再興と律衆)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山岸 常人(ヤマギシ ツネト)
    1952年、北海道生まれ。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。文化庁、奈良国立文化財研究所、神戸芸術工科大学を経て、京都大学大学院工学研究科助教授。工学博士。日本建築史・寺院史専攻。兵庫県・滋賀県・大阪府などの文化財保護審議会委員を務める

塔の仏堂の旅―寺院建築から歴史を読む(朝日選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:朝日新聞社
著者名:山岸 常人(著)
発行年月日:2005/03/25
ISBN-10:4022598727
ISBN-13:9784022598721
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
ページ数:301ページ
縦:19cm

    朝日新聞社 塔の仏堂の旅―寺院建築から歴史を読む(朝日選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!