旧石器人の遊動と植民・恩原遺跡群(シリーズ「遺跡を学ぶ」) [単行本]
    • 旧石器人の遊動と植民・恩原遺跡群(シリーズ「遺跡を学ぶ」) [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001434832

旧石器人の遊動と植民・恩原遺跡群(シリーズ「遺跡を学ぶ」) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日: 2010/02/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

旧石器人の遊動と植民・恩原遺跡群(シリーズ「遺跡を学ぶ」) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    岡山・鳥取の県境をなす中国山地で旧石器時代の遺跡がみつかった。なぜ尾根筋近くの高地で旧石器人は暮らしたのか。遺跡にのこる行動軌跡から、中国地方を東西南北に遊動し、あるときには東北地方から植民するなど活発に動いた旧石器人の行動と生活の姿を追究する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 高原の旧石器人たち(なぜこんな高地に旧石器遺跡が
    求めるのは生活の姿 ほか)
    第2章 環状の集落に暮らす人びと(暮らしの証拠の数々
    出土状況の謎 ほか)
    第3章 遊動する人びと(石器製作の循環
    遊動の軌跡を追う ほか)
    第4章 植民する人びと(北からやってきた植民集団
    植民集団の生活跡 ほか)
    第5章 人類史のなかの旧石器人(道具づくりは人間づくり
    社会はモノの姿を必要とする)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    稲田 孝司(イナダ タカシ)
    1943年大阪府生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。岡山大学名誉教授。文学博士

旧石器人の遊動と植民・恩原遺跡群(シリーズ「遺跡を学ぶ」) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:稲田 孝司(著)
発行年月日:2010/02/25
ISBN-10:4787710354
ISBN-13:9784787710352
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:93ページ
縦:21cm
他の新泉社の書籍を探す

    新泉社 旧石器人の遊動と植民・恩原遺跡群(シリーズ「遺跡を学ぶ」) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!