予備校が教育を救う(文春新書) [新書]

販売休止中です

    • 予備校が教育を救う(文春新書) [新書]

    • ¥75923ポイント(3%還元)
100000009001438197

予備校が教育を救う(文春新書) [新書]

価格:¥759(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
日本全国配達料金無料
出版社:文藝春秋
販売開始日:2004/11/19
ご確認事項:返品不可

予備校が教育を救う(文春新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昨今、大学生の学力低下が問題になっている。本質を求める知的探求心の喪失、知的バックグラウンドの狭さ、持続力のなさ、知的攻撃力の衰退など、アチーブメントテストの成績に表象される第一の学力だけでなく、第一の学力を獲得するための支えとなる第二の学力がないことも問題となっているのである。まさに人格形成が問題になっているのだ(第二部「学校のお話」より)。河合塾での実体験をもとに書き下ろした衝撃の分析と提言。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 予備校のお話(逃げた生徒を追いかけろ
    原始予備校から近代予備校へ
    予備校の商品
    講師がつくる「教育ワンダーランド」
    予備校の全国展開)
    第2部 学校のお話(本質を考える授業を取り戻せ
    納得型の沈澱
    老若先生のほどよいバランスを
    学校文化と社会性
    正しい中高一貫校を目指そうよ
    勢いのある学年とそうでない学年
    なぜ七五パーセントの中学生が塾に通うのか)
    第3部 大学のお話(いままでのやり方では難関大学に入れない!?
    少子化で「よき社会人養成大学」はどうなる
    教育学部の行方
    郷愁の旧制高校
    全共闘運動とその後の不思議)
  • 出版社からのコメント

    今や学校より面白いと言われる塾・予備校。その隠された秘密とは? 三十余年にわたり河合塾を引張ってきた著者による衝撃の教育論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    丹羽 健夫(ニワ タケオ)
    1936年生まれ。名古屋大学経済学部卒。証券会社、商事会社を経て1968年より予備校河合塾に勤務。理事、進学教育本部長、全国進学情報センター所長を務め2001年退任。現在河合文化教育研究所主任研究員、立命館大学経営学部客員教授

予備校が教育を救う(文春新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:丹羽 健夫(著)
発行年月日:2004/11/20
ISBN-10:4166604112
ISBN-13:9784166604111
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:教育
言語:日本語
ページ数:210ページ
縦:18cm

    文藝春秋 予備校が教育を救う(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!