白秋と茂吉 [単行本]
    • 白秋と茂吉 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001470069

白秋と茂吉 [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2003/10/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

白秋と茂吉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    茂吉に比べて、白秋の存在は名のみ先行して余り読まれていないようである。しかし白秋の詩作品のすばらしさは、萩原朔太郎が彼を師と仰いだ一事をもってしても十分に推察されよう。また「アララギ」の写生に対して、白秋は「多磨」創刊によって短歌運動を推進し、もう少し自由な文学空間を志向した。本書は、白秋と茂吉の作品と生涯を対比しつつ、二人の異なる特性を詳細に鑑賞・吟味したユニークな成果である。九州柳河と東北金瓶という出自からくる感性の違い、写生と象徴主義、暗鬱と蒼穹など、両者の相違点を作品に即しながら明らかにしてゆく。朔太郎や犀星、折口信夫、中野重治、西脇順三郎など、多くの詩歌人たちとの関係を踏まえつつ、著者は改めて、白秋と茂吉の意味を近=現代文学史のなかに位置づける。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    『雀の生活』
    『白金ノ独楽』
    『雀の卵』
    ふたたび『雀の卵』
    『小笠原小品』と『フレップ・トリップ』
    茂吉の白秋論
    茂吉の「夏日偶語」など
    茂吉の「ドナウ源流行」など
    白秋の弟子の一人をめぐって
    迢空の白秋論
    『渓流唱』と『黒桧』
    『牡丹の木』
    『邪宗門』ノートの興奮
    『桐の花』から今日の歌まで―現代短歌論
    茂吉の川
    茂吉の死
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    飯島 耕一(イイジマ コウイチ)
    1930年岡山に生まれる。1952年東京大学文学部仏文科卒業。国学院大学教授を経て、2000年3月まで明治大学教授。1953年詩集「他人の空」(ユリイカ)。1955年シュルレアリスム研究会をつくって数年間続いた。詩集に「ゴヤのファースト・ネームは」(高見順賞)、「夜を夢想する小太陽の独言」(現代詩人賞)、などがあり、評論集に「日本のシュールレアリスム」、「シュルレアリスムという伝説」、「現代詩が若かったころ」などがある。他に小説「暗殺百美人」(ドゥ・マゴ文学賞)、「六波羅カプリチョス」、「小説平賀源内」がある

白秋と茂吉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:飯島 耕一(著)
発行年月日:2003/10/06
ISBN-10:4622070650
ISBN-13:9784622070658
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:296ページ
縦:20cm
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 白秋と茂吉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!