責任 ラバウルの将軍今村均(ちくま文庫) [文庫]
    • 責任 ラバウルの将軍今村均(ちくま文庫) [文庫]

    • ¥1,04532ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月18日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001471028

責任 ラバウルの将軍今村均(ちくま文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,045(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月18日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2006/02/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

責任 ラバウルの将軍今村均(ちくま文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    陸軍大将今村均はラバウルで敗戦を迎えた。やがて始まる軍事法廷で次々と裁かれる将兵たち。不充分な審議のまま戦犯として処刑されてゆく部下たちの姿を目のあたりにした今村は自らの意志で苛酷な状況の戦犯収容所に入り、やがて自身も戦犯として服役生活を送る。一人の軍人の姿を描くことで戦争と人間の真実を問うた名作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ラバウル戦犯収容所(今村大将、自決をはかる
    迷える小羊のために ほか)
    太平洋戦争勃発まで(均少年と角兵衛獅子
    結婚 ほか)
    太平洋戦争開戦(ジャワ攻略戦―重油の海の立ち泳ぎ
    全蘭印軍無条件降伏 ほか)
    ジャワ裁判始まる(獄中の「八重汐」大合唱
    裁判に立ち向かう気魄 ほか)
    晩年(帰国、出獄、そして自己幽閉
    舞中将の述懐)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    角田 房子(ツノダ フサコ)
    1914年東京生まれ。福岡女学院専攻科卒業後、パリに留学。85年『責任 ラバウルの将軍今村均』で新田次郎文学賞受賞、88年『閔妃暗殺』で新潮学芸賞受賞。その他、著書多数、95年「日韓の歴史・三部作」完成を機に東京都文化賞を受賞

責任 ラバウルの将軍今村均(ちくま文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:角田 房子(著)
発行年月日:2006/02/10
ISBN-10:4480421513
ISBN-13:9784480421517
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:伝記
ページ数:552ページ
縦:15cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 責任 ラバウルの将軍今村均(ちくま文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!