今昔物語集〈2〉巻第十五-巻第十九(新編 日本古典文学全集〈36〉) [全集叢書]

販売休止中です

    • 今昔物語集〈2〉巻第十五-巻第十九(新編 日本古典文学全集〈36〉) [全集叢書]

    • ¥5,122154ポイント(3%還元)
100000009001474084

今昔物語集〈2〉巻第十五-巻第十九(新編 日本古典文学全集〈36〉) [全集叢書]

馬淵 和夫(校注・訳)国東 文麿(校注・訳)稲垣 泰一(校注・訳)
価格:¥5,122(税込)
ポイント:154ポイント(3%還元)(¥154相当)
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2000/04/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

今昔物語集〈2〉巻第十五-巻第十九(新編 日本古典文学全集〈36〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    平安時代末期に登場した説話文学の最高峰「今昔物語集」。聖人の逸話、地獄と極楽、鋭い人間観察など、綺羅星のごとく並ぶ説話は日本文化の源流に迫る。巻十五~巻十九、本朝仏法部を収録。浄土往生譚、観音・地蔵の霊験譚、俗世の仏教奇譚など。原典を頭注と現代語訳で読む。
  • 内容紹介

    巻15から9.本朝仏法部。往生談、霊験談など平安時代の光と影。

    平安時代から鎌倉期にかけて、数多くの説話集が作られた。その中で『今昔物語集』は、1000余りの説話を内包し、最大の規模を有している。内容的にも、天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)を舞台に、仏教説話・霊験説話・動物説話・歴史説話・世俗説話など、当時の世界のあらゆる方面に題材が及ぶ。登場者も皇族・貴族を始め、僧侶・武士や、和歌・管弦・絵画・医術・占い・陰陽師などの名人、芸能人、強盗・殺人などの犯罪者、さらに、霊鬼・妖怪まで跳梁暗躍し、その描かれている世界は、まさに王朝時代の百鬼夜行絵巻の観を呈している。本冊は、巻15~19、本朝仏法部を収録。浄土往生、観音・地蔵の霊験、俗世の仏教奇談など。

    図書館選書
    平安時代の末期、説話文学の最高峰として登場した「今昔物語集」は、当時の世の中のあらゆる方面に題材が及び、日本人、日本文化の源流に迫る。近・現代文学にも多大の影響を与え、近年、国際的評価も高まっている。

今昔物語集〈2〉巻第十五-巻第十九(新編 日本古典文学全集〈36〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:馬淵 和夫(校注・訳)/国東 文麿(校注・訳)/稲垣 泰一(校注・訳)
発行年月日:2000/05/20
ISBN-10:4096580368
ISBN-13:9784096580363
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:645ページ
縦:23cm
横:17cm
その他:今昔物語集 2 巻第15~巻第19
他の小学館の書籍を探す

    小学館 今昔物語集〈2〉巻第十五-巻第十九(新編 日本古典文学全集〈36〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!