西洋古典学の明日へ―逸身喜一郎教授退職記念論文集 [単行本]
    • 西洋古典学の明日へ―逸身喜一郎教授退職記念論文集 [単行本]

    • ¥8,800264ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001477047

西洋古典学の明日へ―逸身喜一郎教授退職記念論文集 [単行本]

価格:¥8,800(税込)
ポイント:264ポイント(3%還元)(¥264相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:知泉書館
販売開始日: 2010/04/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

西洋古典学の明日へ―逸身喜一郎教授退職記念論文集 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本論文集は巻頭に逸身教授自身の韻律学研究に関する解説と古典学全般にわたる研究・著作活動を回顧する一文を置き、それに続けて氏の教育、研究に連なる研究者による古典文学、古代哲学、古代史など西洋古典学の第一線の研究論文23編を配した。
  • 目次

    はしがき(大芝芳弘)
    韻律学と西洋古典学――私の韻律に関する論文の解説とあとがき(逸身喜一郎)
    逸身喜一郎教授年譜・業績一覧

    西洋古典文学・ギリシア
    冥界のヘーラクレース──ミーノース~ヘーラクレース場面(Od.11.565?627)に関する一考察(佐野好則)
    称賛の利得──ピンダロス『イストミア第2歌』1?12行(小池 登)
    現実と仮想の狭間──ソポクレース『オイディプース王』219?23,255?8行(小林 薫)
    メガラの男の悲哀──Ar.Ach.ll.719?816の分析(戸部順一)
    フィレータースの物語(中谷彩一郎)

    西洋古典文学・ラテン
    キケローとコルニフィキウス──前44年~43年のコルニフィキウス宛書簡から(小池和子)
    O fons Bandusiae──Horatius, Carm.3.13(大芝芳弘)
    梟と鹿──オウィディウス『変身物語』第11巻24?27行の直喩について(日向太郎)
    ウェレイユス・パテルクルスとワレリウス・マクシムスの典拠の利用と文体について(吉田俊一郎)
    プテレラースの死とケンタウロスの比喩――Statius, Thebais Ⅶ.632?639(山田哲子)

    西洋古代哲学
    アリストファネスのプロディコス──喜劇における思想の揶揄への覚え書(納富信留)
    プロクロスのプラトン解釈法──『「アルキビアデス」篇註釈』における推論特定手続きの問題(瀧 章次)
    ストア派の「運命」概念の起源を辿る(近藤智彦)
    道徳的発達と言語行為の相関──ヘレニズム期における「多分野交流」の一事例(神崎 繁)
    セネカにおける自由の行為の修辞──『恩恵について』3.20.1 ingentia agat をめぐって(兼利琢也)

    西洋古代史
    ドラコンの意思殺人法における「永久追放」について(齋藤貴弘)
    メネステウスとメネデイオス──ベンディス祭祀のアテナイ到来について(桜井万里子)
    コースの部族──RO 62 箚(上野愼也)
    ヒュポーモシアー──デーモステネース18番103節の解釈をめぐって(佐藤 昇)
    世紀競技祭 ludi saeculares とアウグストゥス(島田 誠)
    ローマ帝政後期の監獄──リバニオス第四五番弁論再考(田中 創)

    西洋古典の影響と伝承
    Gregorii Barhebraei carmen ‘Quod praestantes in hoc mundo odio haberi solent’(高橋英海)
    ポッジョ写本再考(片山英男)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大芝 芳弘(オオシバ ヨシヒロ)
    1955年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専門課程博士課程単位取得退学(1986年)。文学修士。東京都立大学人文学部助教授を経て、首都大学東京教授。専門は西洋古典学、特にラテン文学

    小池 登(コイケ ノボル)
    1969年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科西洋古典学専門分野博士課程修了、博士(文学)取得(2008年)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科西洋古典学研究室助教。専門は西洋古典学、特にギリシャ文学
  • 内容紹介

    本書は東京大学文学部西洋古典学研究室の逸身喜一郎教授の定年退官を機に編まれた論文集である。
    逸身教授はギリシア詩の韻律研究で世界的に活躍するとともに,ギリシア悲劇を中心とする研究や古典の翻訳,西洋古典文学の紹介など多岐にわたりわが国の古典学の研究と普及をリードしてきた。さらに多分野交流演習や共同研究など,西洋古典文学のみならず古代哲学や古代史の研究者と連携した研究を積極的に推進してきた。
    本論文集は巻頭に逸身教授自身の韻律学研究に関する解説と古典学全般にわたる研究・著作活動を回顧する一文を置き,それに続けて氏の教育,研究に連なる研究者による古典文学,古代哲学,古代史など西洋古典学の第一線の研究論文23編を配した。
    「書物に耳を傾けて,たいまつの火をリレーするがごとく,謙虚に本の命を次世代に託す,このことこそ西洋古典学の真髄かもしれない」と語られる教授の言葉は,わが国の人文科学研究が厳しい状況に置かれている今日,人文研究の王道を指し示すものである。本書はその実践として広く研究者に刺激を与えるであろう。

西洋古典学の明日へ―逸身喜一郎教授退職記念論文集 の商品スペック

商品仕様
出版社名:知泉書館
著者名:大芝 芳弘(編)/小池 登(編)
発行年月日:2010/03/31
ISBN-10:4862850804
ISBN-13:9784862850805
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:415ページ
縦:23cm
横:16cm
他の知泉書館の書籍を探す

    知泉書館 西洋古典学の明日へ―逸身喜一郎教授退職記念論文集 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!