ケアの社会倫理学―医療・看護・介護・教育をつなぐ(有斐閣選書) [全集叢書]
    • ケアの社会倫理学―医療・看護・介護・教育をつなぐ(有斐閣選書) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月12日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001480193

ケアの社会倫理学―医療・看護・介護・教育をつなぐ(有斐閣選書) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月12日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2005/08/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ケアの社会倫理学―医療・看護・介護・教育をつなぐ(有斐閣選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ケアから現代社会を問い直すことで何がみえてくるのだろうか。医療・看護・介護の営みを「ケア」という視角から批判的かつ統一的に把握し、新しい論点を提示する。さらに従来の「生命倫理」の教育を反省するパートを設け、従来の生命倫理学の枠組みを超える、「ケアの社会倫理学」を提起する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序論 「ケアの社会倫理学」への招待
    1 医療とケア(子ども・医療・ケア
    高齢者医療とケア ほか)
    2 看護とケア(実践知としてのケアの倫理
    感情労働としてのケア ほか)
    3 介護とケア(介護の町内化とエロス化を
    ケアの淵源 ほか)
    4 生命倫理教育の反省(生命倫理教育の反省
    学校で話したこと ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    川本 隆史(カワモト タカシ)
    1951年、広島市生まれ。1975年、東京大学文学部倫理学科卒。1980年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程を単位取得退学。1997年、東京大学より博士(文学)学位取得。跡見学園女子大学文学部、東北大学文学部を経て、2004年度より東京大学大学院教育学研究科の教員。専門は社会倫理学と応用倫理学。ロールズとギリガンから受けた衝撃をバネにして、正義とケアを兼ね備えた社会のあり方を構想する。また日米両国の原爆をめぐる「記憶」の歪み・偏りを正す作業を「記憶のケア」と名づけ、それを通じて「記憶の共有」にいたる理路を探っている

ケアの社会倫理学―医療・看護・介護・教育をつなぐ(有斐閣選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:川本 隆史(編)
発行年月日:2005/08/25
ISBN-10:4641280975
ISBN-13:9784641280977
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:374ページ ※369,5P
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 ケアの社会倫理学―医療・看護・介護・教育をつなぐ(有斐閣選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!