ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略(シリーズ ケアをひらく) [全集叢書]
    • ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略(シリーズ ケアをひらく) [全集叢書]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001483539

ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略(シリーズ ケアをひらく) [全集叢書]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:医学書院
販売開始日: 2008/10/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略(シリーズ ケアをひらく) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「当事者になる」ことは、みずからニーズの主体となり、社会がそれを満たす責任を要求するクレイム申し立て活動と不可分である。いまだ存在していないニーズを生成し、顕在化させるプロセスは、どういう社会がのぞましいか、という社会構想力をともなう創造的な過程である。それには、規範的、政治的な選択が関わってくる。「ニーズ中心」という本書の立場は、そのための理論的基礎を提供することを目的としている。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    理念(当事者とは誰か?―ニーズ中心の福祉社会のために)
    ニーズとサービス(ケアサービスのシステムと当事者主権
    高齢者のニーズ生成のプロセス―介護保険サービス利用者の語りから
    ニーズはなぜ潜在化するのか―高齢者虐待問題と増大する「息子」加害者)
    事業(福祉多元社会における協セクターの役割
    福祉事業における非営利・協同セクターの実践―生活クラブ生協千葉の事例から)
    制度(三つの福祉政府体系と当事者主権
    これからの社会保障政策と障害福祉―高齢者ケアとの統合を含む社会サービスの可能性を視野に)
    アクション(楽観してよいはずだ
    当事者主権の福祉戦略―ユーザユニオンの結成へ)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上野 千鶴子(ウエノ チズコ)
    東京大学大学院人文社会系研究科教授(社会学)

    中西 正司(ナカニシ ショウジ)
    全国自立生活センター協議会代表。20歳のときに交通事故により四肢まひになる。1986年に初めての自立生活センターであるヒューマンケア協会を設立

ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略(シリーズ ケアをひらく) の商品スペック

商品仕様
出版社名:医学書院
著者名:上野 千鶴子(編)/中西 正司(編)
発行年月日:2008/10/01
ISBN-10:4260006436
ISBN-13:9784260006439
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:医学・薬学・歯学
ページ数:288ページ
縦:21cm
他の医学書院の書籍を探す

    医学書院 ニーズ中心の福祉社会へ―当事者主権の次世代福祉戦略(シリーズ ケアをひらく) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!