対人関係療法マスターブック―効果的な治療法の本質 [単行本]
    • 対人関係療法マスターブック―効果的な治療法の本質 [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001489379

対人関係療法マスターブック―効果的な治療法の本質 [単行本]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:金剛出版
販売開始日:2009/05/20
ご確認事項:返品不可

対人関係療法マスターブック―効果的な治療法の本質 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    対人関係療法(IPT)は、近年、うつ病患者に治療効果のある心理療法として急速に普及しつつあり、米国精神医学会のうつ病治療ガイドラインに認定され、わが国においても厚生労働科学研究に採り上げられている。IPTについては、基本的なマニュアルはあっても、その「本質」を理解し、臨床応用するための実践書はまだ少ない。実際の臨床現場においてIPTをどのように取り入れるべきかを、IPT成立の歴史から他の精神療法との違い、IPTが適用される精神科的障害に対するケーススタディを通して、専門家「ならでは」の関心と疑問から明確にしたのが本書である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 IPTの歴史
    第2章 IPTの基本的な概念―大うつ病へのIPT
    第3章 IPTと他の精神療法の相違点と共通点
    第4章 対人関係に焦点を当てるということの意味―PTSD、摂食障害
    第5章 「医原性役割の変化」という考え方―気分変調性障害、社会不安障害
    第6章 共感と教育の両立―境界性パーソナリティ障害
    第7章 対人関係スキルと医学モデルの「矛盾」を考える―反復性うつ病
    第8章 思春期にIPTを用いることの意味―問題行動も含めた思春期うつ病への応用
    第9章 IPTの質を損ねる問題
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    水島 広子(ミズシマ ヒロコ)
    慶應義塾大学医学部卒業・同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改正などに取り組む。1997年に共訳「うつ病の対人関係療法」を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに普及啓発に努めている。現在は、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師。専門家養成を目的とした対人関係療法勉強会代表世話人

対人関係療法マスターブック―効果的な治療法の本質 の商品スペック

商品仕様
出版社名:金剛出版
著者名:水島 広子(著)
発行年月日:2009/05/30
ISBN-10:4772410740
ISBN-13:9784772410748
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:185ページ
縦:21cm

    金剛出版 対人関係療法マスターブック―効果的な治療法の本質 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!