絶対に「自分の非」を認めない困った人たち(祥伝社黄金文庫) [文庫]
    • 絶対に「自分の非」を認めない困った人たち(祥伝社黄金文庫) [文庫]

    • ¥55517ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001492422

絶対に「自分の非」を認めない困った人たち(祥伝社黄金文庫) [文庫]

価格:¥555(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:祥伝社
販売開始日:2003/12/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 711040位

絶対に「自分の非」を認めない困った人たち(祥伝社黄金文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「そんなこと聞いていません」と言い訳「私のせいじゃない」と開き直り…あなたの身近にいませんか。「すみません」が言えない人と、どうつきあうか。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 「すみません」が言えない人の心理分析―「劣等感」と「自己顕示」、二つのキーワードで解読する(「非を認めない人」をつくる「コンプレックス」と「傲慢」と「プライド」
    自分のマイナス面を補う「補償」が、裏返しになって現われる ほか)
    2 「すみません」を妨げる、環境と条件―家庭、文化、性別、肩書が、こんなところに作用する(なぜマザコン男は「すみません」を言えないのか
    自立心のない子どもが大人になって抱く「無意識の危機感」 ほか)
    3 相手に「自分の非」を悟らせる話し方―この一言が、「心の距離」を縮めてくれる(初対面の緊張を解きほぐすには、相手のことを「取材」すべし
    「すみません」そして「ありがとう」の言える子どもに ほか)
    4 「すみません」が言えない人との「おつきあい」―人間関係は、まず自分を一段低くすることから始まる(相手に「一〇〇%」を望むからトラブルが生じる
    「完全主義」は突然、爆発する ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    斎藤 茂太(サイトウ シゲタ)
    1916年、歌人・斎藤茂吉の長男として東京に生まれる。精神科医(精神神経科斎藤病院理事長)として診療にあたる傍ら、日本旅行作家協会会長、日本ペンクラブ理事などを歴任

絶対に「自分の非」を認めない困った人たち(祥伝社黄金文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:祥伝社
著者名:斎藤 茂太(著)
発行年月日:2003/12/20
ISBN-10:4396313357
ISBN-13:9784396313357
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:209ページ
縦:16cm
その他:『絶対に「自分の非」を認めない人たち』改題書

    祥伝社 絶対に「自分の非」を認めない困った人たち(祥伝社黄金文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!