数はどこから来たのか―数学の対象の本性に関する仮説 [単行本]

販売休止中です

    • 数はどこから来たのか―数学の対象の本性に関する仮説 [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
100000009001492810

数はどこから来たのか―数学の対象の本性に関する仮説 [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
日本全国配達料金無料
出版社:共立出版
販売開始日: 1999/03/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

数はどこから来たのか―数学の対象の本性に関する仮説 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「数学の対象は効果的な問題解法の結晶化によって得られる」という議論を明快で魅力的に展開している。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    数学の対象の本性に関する仮説(数
    数学とその対象
    幾何学の起源
    群 ほか)
    歴史‐数学的ノート(非ユークリッド幾何学
    複素数
    ユークリッドにおける直線の定義をめぐって
    3次、4次方程式の解法 ほか)

数はどこから来たのか―数学の対象の本性に関する仮説 の商品スペック

商品仕様
出版社名:共立出版
著者名:Enrico Giusti(著)/斎藤 憲(訳)
発行年月日:1999/03/20
ISBN-10:4320016203
ISBN-13:9784320016200
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
ページ数:178ページ
縦:20cm
その他: 原書名: Ipotesi sulla natura degli oggetti matematici〈Giusti,Enrico〉
他の共立出版の書籍を探す

    共立出版 数はどこから来たのか―数学の対象の本性に関する仮説 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!