謀殺 下山事件(祥伝社文庫) [文庫]
    • 謀殺 下山事件(祥伝社文庫) [文庫]

    • ¥78524ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年6月1日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001493221

謀殺 下山事件(祥伝社文庫) [文庫]

価格:¥785(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年6月1日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:祥伝社
販売開始日: 2009/06/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

謀殺 下山事件(祥伝社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    連合軍占領下の昭和二四年七月六日、午前零時二〇分頃。東京郊外、常磐線下りレール上で一人の中年男性が、列車に轢断された。初代国鉄総裁、下山定則氏であった。当時国鉄は十万人規模の首切りの最中であり、総裁の死は「戦後最大の謎」と言われた。本書は、当時新聞記者だった著者が、徹底した取材を積み重ね、その謎の真実を追究した第一級のドキュメントである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 総裁怪死
    第2章 事件の背景
    第3章 自殺・他殺をめぐる論争
    第4章 長い血の道
    第5章 ヌカ油と色素のナゾ
    第6章 他殺捜査は手足をもがれて
    第7章 警視庁の「事件捜査報告書」
    第8章 事件をめぐる秘話
    第9章 謀殺情報
    第10章 事件の真実にいどむ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    矢田 喜美雄(ヤダ キミオ)
    1913年、山梨県甲府市出身。早稲田大学文学部卒業。ベルリンオリンピックにハイジャンプの選手として出場し五位入賞。朝日新聞入社後は、異色の社会部記者として菅生事件など戦後の「怪事件」に取り組む。下山事件では、記者の枠を越えた献身的な活動で、多くの重大証言を引き出した。1990年逝去

謀殺 下山事件(祥伝社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:祥伝社
著者名:矢田 喜美雄(著)
発行年月日:2009/06/20
ISBN-10:4396335059
ISBN-13:9784396335052
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:462ページ
縦:16cm
他の祥伝社の書籍を探す

    祥伝社 謀殺 下山事件(祥伝社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!