不東庵日常 [単行本]
    • 不東庵日常 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月16日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001494147

不東庵日常 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月16日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2004/05/19
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 805398位

不東庵日常 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    湯河原の私邸・不東庵での晴耕雨読と作陶の日々。元首相の充実した残生の実践。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 晴耕雨陶(晴耕雨読の日々
    轆轤の修業
    茶陶と桃山人 ほか)
    第2章 残生百冊(残生百冊―わたしの読書法
    かかるも退くも、時の潮合い―信長を読む
    命もいらず、名もいらず―『西郷南洲遺訓』と『言志四録』
    月よみの光を待ちてかへりませ―良寛さんの人と詩
    功成りて身退くは、天の道―『論語』と『老子』『荘子』 ほか)
  • 内容紹介

    60歳を機に政界を引退した元首相の著者が、湯河原の自邸・不東庵に隠棲して読書と作陶の日々を綴った随想集。己を見つめ、たゆまぬ研鑽を積む姿を伝える、『週刊 やきものを楽しむ』に連載され好評を博した文章に、細川氏のこれまでの、そしてこれから生きていくうえで生活の核となる読書論を加えて1冊に。今や陶芸家としても知る人ぞ知る細川氏の、生き方への洞察とやきものへの熱い想いに満ちた文章は、人生の晩年をいかに充実させるかという示唆に富み、人生後半にさしかかった世代の方々に深い共感を呼ぶことだろう。 近況を伝える写真15点が入り、巻末には、細川氏の毎日を支える本「わたしの残生100冊」のリスト付き。

    図書館選書
    湯河原での読書と作陶の日々を綴った随想集
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細川 護煕(ホソカワ モリヒロ)
    1938年、東京生まれ。上智大学法学部卒。朝日新聞記者、参議院議員、熊本県知事を経て、1993年内閣総理大臣。六十歳を機に政界を引退。神奈川県湯河原の自邸「不東庵」で陶芸を始める。陶芸家としての号は「不東」

不東庵日常 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:細川 護煕(著)
発行年月日:2004/06/10
ISBN-10:4093875073
ISBN-13:9784093875073
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:261ページ ※256,5P
縦:20cm

    小学館 不東庵日常 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!