逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 [単行本]
    • 逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 [単行本]

    • ¥1,70552ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001503751

逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 [単行本]

価格:¥1,705(税込)
ポイント:52ポイント(3%還元)(¥52相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1999/09/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    金閣寺の奇妙な三層構造から解読、足利義満「天皇家乗っ取り」の陰謀。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 尊氏対後醍醐編―戦乱を招いた天皇絶対国家の理想
    第2章 『太平記』に関する小論編―巻二十二の欠落が暗示する作者の正体
    第3章 尊氏対直義編―幕府政治の確立を遅らせた兄弟ゲンカ
    第4章 「日本国王」足利義満の野望編―「天皇家乗っ取り」直前の不可解な死
    第5章 「恐怖の魔王」足利義教編―「くじ引き将軍」が目指した絶対権力
  • 内容紹介

    金閣寺の奇妙な三層構造に隠された足利義満「天皇家乗っ取り」の陰謀を暴く

    これまでの歴史認識における常識を覆し、日本史の新たな側面を次々と打ち出してきた、週刊ポスト連載中の人気シリーズ、待望の第7弾! 室町時代における数々の「謎」を解明しながら、既存の歴史書では見えてこなかった「歴史の真実」を提示する。 南北朝の壮絶な権力闘争を描いている“戦乱記”を、なぜ『太平記』と呼ぶのか? 「日本国王」となり、「天皇家乗っ取り」計画も成功目前まで進んでいた足利義満の急死は、天皇派による暗殺なのか? 鎌倉公方や比叡山を押さえ、室町幕府における最大領土を獲得した足利義教がこれまで評価されなかったのはなぜか? 2つの天皇家が激しい対立を繰り広げた南北朝の混乱期に、絶対権力の確立を目指した男たち――後醍醐天皇、足利尊氏、足利義満、足利義教――の生涯をつぶさに検証。「激動の時代」を迎えて迷走を続ける現代ニッポンに求められるリーダーの条件を、作家・井沢元彦が鋭い切り口で描き出す!

    図書館選書
    なぜ戦乱記を『太平記』と呼ぶのか?「天皇家乗っ取り」目前に急死した足利義満は暗殺されたのか?南北朝の混乱期に絶対権力を目指した歴史英雄から激動の時代のリーダーの条件を読み取る。

逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:井沢 元彦(著)
発行年月日:1999/10/01
ISBN-10:4093794189
ISBN-13:9784093794183
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:363ページ
縦:20cm
その他:太平記と南北朝の謎
他の小学館の書籍を探す

    小学館 逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!