認識問題―近代の哲学と科学における〈2-1〉 [単行本]
    • 認識問題―近代の哲学と科学における〈2-1〉 [単行本]

    • ¥7,040212ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001508987

認識問題―近代の哲学と科学における〈2-1〉 [単行本]

価格:¥7,040(税込)
ポイント:212ポイント(3%還元)(¥212相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2000/02/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

認識問題―近代の哲学と科学における〈2-1〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ニコラウス・クザヌスに始まり、デカルト、スピノザ、啓蒙の時代をへて、ヘーゲル、アインシュタインまで、ヨーロッパ近代全体の思想や諸科学の場や意味を辿ろうとする『認識問題』全4巻は、その大胆かつ詳細きわまる試みによって、20世紀思想史上に屹立している。それは、ドイツの碩学カッシーラーの、まさしくライフワークであった。原書第2巻の前半部をなす本書は、フランシス・ベーコンについての考察から始まる。全体の構成は「経験主義の起源」「合理主義の発展と完成」「経験主義の体系における認識問題」の三部から成り、ベーコンを筆頭に、ガッサンディ/ホッブズ/スピノザ/ライプニッツ/チルンハウス/チャーベリーのハーバート/ディグビー/カドワース/ロック/バークリー/コリアー/ヒュームの各思想家が扱われる。そして、ニュートンからカントにいたる後半部に引き継がれるのである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第4部 経験主義の起源(ベーコン
    ガッサンディ
    ホッブズ ほか)
    第5部 合理主義の発展と完成(スピノザ
    ライプニッツ
    チルンハウス ほか)
    第6部 経験主義の体系における認識問題(ロック
    バークリー
    ヒューム)

認識問題―近代の哲学と科学における〈2-1〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:エルンスト カッシーラー(著)/須田 朗(訳)/宮武 昭(訳)/村岡 晋一(訳)
発行年月日:2000/02/22
ISBN-10:4622031922
ISBN-13:9784622031925
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:354ページ
縦:22cm
その他:原書第3版 原書名: DAS ERKENNTNISPROBLEM:in der Philosophie und Wissenschaft der neueren Zeit Zweiter Band〈Cassirer,Ernst〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 認識問題―近代の哲学と科学における〈2-1〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!