だから山谷はやめられねえ―「僕」が日雇い労働者だった180日(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫]
    • だから山谷はやめられねえ―「僕」が日雇い労働者だった180日(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001510030

だから山谷はやめられねえ―「僕」が日雇い労働者だった180日(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2008/12/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

だから山谷はやめられねえ―「僕」が日雇い労働者だった180日(幻冬舎アウトロー文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ごく普通の大学生の「僕」は、就職活動を前にしてドロップアウト。そして始めた東京・山谷でのその日暮らし。宿なし・金なし・家族なしの中年男たちと寄せ場や職安に通い、飯場の世界にも飛び込んでいく。彼らは、そして就職を選べなかった「僕」は、ダメな人間なのか?ドヤ街の男たちと寝食を共にした一人の若者による傑作ノンフィクション。幻冬舎アウトロー大賞(ノンフィクション部門)受賞。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 大学三年冬の憂鬱
    山谷漂流(高田馬場人間市場
    山谷に潜入 ほか)
    飯場漂流1 地下鉄編(飯場に潜入
    地下鉄の男たち ほか)
    飯場漂流2 冬山編(再び飯場へ
    山の仕事 ほか)
    エピローグ 僕の選択
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    塚田 努(ツカダ ツトム)
    1974年生まれ。2005年、「だから山谷はやめられねえ」で幻冬舎アウトロー大賞(ノンフィクション部門)受賞、デビューを果たす

だから山谷はやめられねえ―「僕」が日雇い労働者だった180日(幻冬舎アウトロー文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:塚田 努(著)
発行年月日:2008/12/05
ISBN-10:4344412427
ISBN-13:9784344412422
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:269ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 だから山谷はやめられねえ―「僕」が日雇い労働者だった180日(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!