ドビュッシー―想念のエクトプラズム(中公文庫) [文庫]
    • ドビュッシー―想念のエクトプラズム(中公文庫) [文庫]

    • ¥1,25738ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001510067

ドビュッシー―想念のエクトプラズム(中公文庫) [文庫]

  • 3.0
価格:¥1,257(税込)
ポイント:38ポイント(3%還元)(¥38相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2008/03/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ドビュッシー―想念のエクトプラズム(中公文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    神秘思想・同性愛・二重人格・近親相姦・オカルティズム…。印象主義という仮面の下に覗くデカダンスの黒い影。従来のドビュッシー観を覆し、その悪魔的な素顔に斬り込んだ、一線のピアニストによる画期的評伝―没後90年。頽廃の作曲家の光と闇。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    一八七一年秋
    ヴァニエ夫人と艶なる宴
    「黒猫」
    一八八四年春―デカダン元年
    レッテルとしての印象主義
    悪い冒険
    “牧神の午後への前奏曲”
    “ペレアスとメリザンド”
    ピエール・ルイスとルネ・ペテール
    リヒャルト・シュトラウスとロマン・ロラン
    ポーにもとづくオペラ
    ドビュッシーの二律背反
    色彩の選択
    ジキルとハイドのドビュッシー
    ドビュッシーとオカルティズム
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    青柳 いづみこ(アオヤギ イズミコ)
    ピアニスト・文筆家。安川加壽子、ピエール・バルビゼの両氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。1989年、論文「ドビュッシーと世紀末の美学」により、フランス音楽の分野で初の学術博士号を受ける。90年、文化庁芸術祭賞受賞。演奏と執筆を両立させ、著書には『翼のはえた指 評伝安川加壽子』(吉田秀和賞)、『青柳瑞穂の生涯』(日本エッセイストクラブ賞)などがある。大阪音楽大学教授、日本ショパン協会理事

ドビュッシー―想念のエクトプラズム(中公文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:青柳 いづみこ(著)
発行年月日:2008/03/25
ISBN-10:4122050022
ISBN-13:9784122050020
判型:文庫
対象:教養
発行形態:文庫
内容:音楽・舞踏
ページ数:407ページ
縦:16cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 ドビュッシー―想念のエクトプラズム(中公文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!