共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ [単行本]
    • 共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001510087

共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勁草書房
販売開始日: 2006/06/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    リベラル・コミュニタリアン論争を解くカギは共和主義にある。われわれは私的領域で干渉されない自由をもっている。しかしその自由は、公共の場で法的枠組みを決める自由によって支えられている。この矛盾する二つの自由をいかに両立させるのか。法的枠組みが市民に常に受け入れられるには、どのような政治の営みがありえるのか。リベラルでもコミュニタリアンでもない共和主義が、この問題を解決する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 忘れられた法の公共的正統性
    第1章 共和主義思想の再興
    第2章 リベラリズムの公/私分離
    第3章 徳性‐陶冶型共和主義の限界
    第4章 審議‐参加型共和主義の可能性
    結語 法の自己統治に向けて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大森 秀臣(オオモリ ヒデトミ)
    1971年東京都に生まれる。2003年京都大学大学院法学研究科博士課程修了。岡山大学法学部助教授、法学博士

共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ の商品スペック

商品仕様
出版社名:勁草書房
著者名:大森 秀臣(著)
発行年月日:2006/06/20
ISBN-10:432610161X
ISBN-13:9784326101610
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:292ページ ※276,16P
縦:22cm
他の勁草書房の書籍を探す

    勁草書房 共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!