国を苛めて何になる [単行本]

販売休止中です

    • 国を苛めて何になる [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009001513156

国を苛めて何になる [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:文芸社
販売開始日:1998/12/25
ご確認事項:返品不可

国を苛めて何になる [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    我々日本人は、今こそ自尊心を取り戻すべきではないのか?歴史・宗教・思想等のあらゆる角度から膨大な資料をもとに綴る憂国の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 歴史的背景を観る(啓示宗教の成り立ち
    仏教の経路
    真の神の正体 ほか)
    第2章 国家の自滅を望むのか(ジョセフ・グルーの証言
    李朝政府と蛮族日本
    安重根は英雄か ほか)
    第3章 自虐史観と報道を問う(日本の主権は何処へ
    封じられた言論では
    0.2%の民主主義 ほか)

国を苛めて何になる [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文芸社
著者名:貝 雄文(著)
発行年月日:1998/12/25
ISBN-10:4887371942
ISBN-13:9784887371941
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:282ページ
縦:20cm

    文芸社 国を苛めて何になる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!