バカボンのパパと読む「老子」(角川SSC新書) [新書]
    • バカボンのパパと読む「老子」(角川SSC新書) [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月8日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001531185

バカボンのパパと読む「老子」(角川SSC新書) [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月8日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川マガジンズ
販売開始日:2011/11/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 399957位

バカボンのパパと読む「老子」(角川SSC新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    今日本はとんでもない問題を数々抱えている。そんななか、老子の「無為自然」の考えがきっと役に立つはず。生きるということは自然の摂理とともにあるということ。そこから始めるしかないのだ。しかし、漢字だらけの老子の文章を読み解くのは難しい。そんなときにあらわれたのが「バカボンのパパ」だった―。とっつきにくい漢文をわかりやすく解説する、「バカボンのパパ語訳」による老子本の登場。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    上巻(道(TAO)は語れないのだ
    相手があって存在するのだ
    うすらバカでお腹いっぱいなのだ
    からっぽで満々なのだ ほか)
    下巻(失われて、だんだんバカになっていくのだ
    みんな一から始まったのだ
    弱い力が強いのだ
    まっすぐな人はぶれぶれなのだ ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ドリアン助川(ドリアンスケガワ)
    作家、道化師。1962年東京生まれ。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業。放送作家などを経て、1994年バンド「叫ぶ詩人の会」でデビュー。99年、同バンド解散後に渡米。2002年に帰国後は、明川哲也の筆名で詩や小説を書いている

バカボンのパパと読む「老子」(角川SSC新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川マガジンズ
著者名:ドリアン助川(著)
発行年月日:2011/11/25
ISBN-10:4047315648
ISBN-13:9784047315648
判型:新書
発売社名:角川グループパブリッシング
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:201ページ
縦:18cm

    角川マガジンズ バカボンのパパと読む「老子」(角川SSC新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!